数あるおすすめメーカーの中でも、テレビにhddが内蔵している録画テレビに尽力しているといえば、やはり三菱電機が挙げられます。 録画テレビと耳にすると、40型、50型、55型と大型テレビに内蔵しているイメージが強いですが、32型と比較的コンパクトなテレビにもしっかりと録画機能は搭載されています。 テレビの寿命を見極める方法や寿命が近いテレビの症状、テレビを買い替える際のポイントや注意点などについてわかりやすく解説しています。自宅にあるテレビが寿命かどうか、買い替え時を考えるうえで参考にしてみてくださいね。 安いテレビも探すといろいろとあります。ただ、dボタンや録画対応、大手メーカー製などある程度こだわって探してみました。おすすめのTVが見つかりました。 テレビ鑑賞に最適な人気ヘッドホンをお探しの方へ。今記事では、テレビ用ヘッドホンの魅力や選び方から、おすすめ商品まで詳しくご紹介します。有線や無線(ワイヤレス)など接続方法も加味して、用途に合うヘッドホンをgetしましょう! 家電の総合ランキング! 日本最大の価格比較サイト「価格.com」上で、今人気がある家電の商品をランキングから探すことができます。クチコミやレビューなどの情報も掲載! 私達の生活に欠かせない定番の家電アイテム、テレビ。人気商品がゆえに多くのメーカーから毎年新作モデルを発表され、2021年の現在では、非常に鮮明で美しい映像が楽しめるようになりました。, とはいえ、種類が多すぎてどのテレビを買っていのか悩んでいる方が多いのも事実。そこで今記事では、テレビを購入する際に注視すべきポイントやおすすめメーカー別のテレビの特徴から、メーカー別の人気機種まで詳しく解説していきます。しっかりと読み進めて、自身の要望に沿ったメーカーのテレビを上手にGETしてくださいね。, テレビの選び方やおすすめメーカーをチェックしていく前に、まずはテレビの基本的なタイプについて把握しておきましょう。2018年に発売されているテレビの多くは、, の大きく2パターン。そこでここからは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。両者の違いをしっかりと理解して、自身はどちらのテレビを購入すべきか見極めることからスタートしましょう。, 現在最もオーソドックスなテレビの種類と言われているのが“液晶テレビ”。テレビ内のバックライトを発光させることにより、液晶シャッターやカラーフィルターで作成した映像をディスプレイに映すのが主な仕組みです。, また、近年ではバックライトにLEDを用いる機種も増えており、従来の製品よりも持ちが良くなったことで、安心して長く使用できるのも大きなメリット。, また、どのメーカーも液晶テレビは製造販売を行っているため、豊富な選択肢から自分好みの1台が探しやすいのも液晶テレビの嬉しい魅力です, 自力で発光できる有機ELを用いることで、従来のテレビには欠かせなかったバックライトや放電スペースが不要となり、従来の液晶テレビより10分の1近くまで薄い本体設計が可能となりました。, もちろん、映像の美しさも申し分ありません。最低でも55型以上とまだ大きめのサイズでしか販売されていませんが、スポーツ観戦やテレビゲームなど、臨場感溢れる映像でテレビを観たい方へおすすめのテレビと言えます。, テレビの基本的な種類を確認したあとは、購入後に後悔しないテレビの上手な選び方についてご紹介します。自身のニーズに適したメーカーを見極めるためにも、選び方をきちんとマスターして、テレビの良し悪しは判断できるようにしましょう。そんなテレビを選ぶ際に注目したいのが、, の4点です。ここからは各ポイントについてもう少し掘り下げて解説するので、きちんと把握してテレビ選びの参考にしてみてください。, テレビを購入する際は、画面サイズも非常に重要なポイントです。「買うならなるべく大きなテレビが良い!」という気持ちも分かりますが、本当に最適な1台を選ぶなら配置する部屋の広さに応じてセレクトするのが懸命な判断と言えるでしょう。, 一般的には、上記の図のように、テレビの高さ×3倍の間隔は空けられるのがベストです。したがって、一人暮らしだから24型や32型、ファミリーだから40型や50型以上という基準でテレビを選ぶのではなく、設置する部屋の広さに応じて最適な画面サイズをセレクトするようにしましょう。, 画面サイズに加え、テレビを購入するなら“解像度”もしっかりと目を通しておきたいところ。解像度が高くなるほど、映像も美しくなり、より高画質なテレビが購入できます。, 従来のモデルはハイビジョンテレビ(解像度1440×1080)が主流でしたが、近年は解像度1920×1080のフルハイビジョン(フルHD)が数多く出回っており、更にはその倍の解像度を誇る4Kテレビ(解像度3840×2160)まで登場しています。, したがって、綺麗な映像美にこだわりたい方は、少し値は張りますが最低でもフルハイビジョンテレビ、出来れば4Kテレビを選ぶ事をおすすめします。, 最近の液晶テレビはバックライトにLEDを用いてるモデルが多く、このLEDバックライトの配置方法は大きく、, の2パターンに分類されます。直下型の場合、画面全体をまんべんなく発光できるので、明るく鮮やかな映像美が楽しめるのがメリットです。, 反対にエッジ型は、LEDバックライトの数が少ないため、消費電力の削減やテレビ本体のスリム化ができるのが大きな特徴と言えます。, そのため、映像の明るさを求めるなら直下型、スリムなテレビを望むならエッジ型と、好みに合わせて選ぶようにしましょう。, せっかく新しいテレビを購入するなら、番組視聴だけでなく、その他の機能性にも目を向けてみましょう。例えば、, など、機種によって備わっている機能性は様々です。中でも録画機能はHDDを内蔵しているか、もしくは外付けHDDを接続できるか明記されているため、購入前にきちんと確認しておきましょう。, テレビの選び方を確認したあとは、実際におすすめしたい人気テレビメーカーの特徴や長所についてご紹介していきます。今回は日本の液晶テレビ市場で抜群の売上を誇るメーカーを中心に6社ピックアップ致しました。, 一概にテレビとは言えど、各メーカーによってこだわりポイントは異なるので、自身のニーズにぴったりと当てはまるメーカーはどこなのか?きちんと吟味しながら、自身に最適なテレビを見つけてください!, テレビのおすすめメーカーを知る上で、まずは『東芝』のREGZA(レグザ)シリーズは確実にチェックしておきたいところです。, 独自の映像処理エンジン“レグザエンジンCEVO”を採用することで、よりリアルな映像体験を実現。また、見逃した過去の番組を遡って視聴できる「タイムシフトマシン」も人気の機能です。, つい録画をし忘れて、「見逃したあの番組を見直したい!」そんな時でも安心して観れるので、つい見過ごしてしまう方にとって、東芝はおすすめのメーカーと言えます。, 人気メーカーSONYのブラビアは、映像の美しさだけなく、“音”にまでこだわっているのが大きな特徴です。, 画面処理を最適に行うことで、粗のないキメ細かい映像美や色彩美を実現。さらに、オーディオ機器の製造で培ったテクノロジーで、映像に加えて臨場感を倍増させる高音質もプラス。, したがって、映画やスポーツ観戦、ほかにもライブ映像を視聴するのが好きな方などは、ソニーのブラビアを選ぶことをおすすめします。, 一人暮らしに最適な小型テレビから、話題の4K有機ELテレビまで、商品のラインナップが充実しており、どんな方でも自分好みの1台が見つかるのもパナソニックの強みと言えるでしょう。, また、映像の美しさにも非常にこだわっており、鮮やかなコントラストが楽しめるのもパナソニックテレビの大きな特徴です。さらに、デザインもおしゃれな商品が多いため、インテリアとしても重宝しますよ。, そのため、テレビ本体の見た目や映像の美しさにこだわりたい方、豊富なラインナップからテレビを探したい方は、パナソニックのテレビを選ぶのがおすすめですよ。, 「とにかく映像の美しいテレビが欲しい!」という方は、人気メーカー『シャープ』のアクオスシリーズを選んでみてください。, シャープ独自の“リッチカラーテクノロジー”を採用することで、より鮮やかな色彩美を実現。従来のテレビよりも広域な色を表現できるため、リアルで臨場感溢れる映像が自宅で楽しめます。, 風景や街並みも美しく観れるため、繊細で美しい映像体験を望む方には、シャープのアクオスがおすすめです。, 液晶テレビはもちろん、多彩なAV機器の製造、販売を行っている韓国の人気メーカー『LGエレクトロニクス』。, そんなLGテレビの特徴は、なんといっても非常にスリムで薄いデザイン設計が挙げられます。2017年には薄さ3.9mmと非常に薄いテレビをリリース。, その凄さは、壁掛けというよりもまるで壁にテレビが浮いているようにさえ錯覚するほど。そのため、国産メーカーへ特にこだわりの無く、薄くてスタイリッシュなテレビをお探しの方は、ぜひLGエレクトロニクスの商品を選んでみてください。, そんな三菱のテレビ「REAL(リアル)」の特徴は、テレビ本体にブルーレイレコーダーやHDDが内蔵されている点が挙げられます。他にも、リモコンで画面角度を調整できる“オートリターン”機能も三菱テレビならではの魅力。, そのため、日頃から録画機能を重宝する方は、1台でこなせる三菱のテレビがおすすめです。, 各メーカーの特徴を一通り確認することで、どのメーカーのテレビが自身の用途に合っているのか見えたはず。, そこでここからは、おすすめメーカー6社より人気売れ筋商品を各3選ずつ厳選してお届けします。しっかりと品定めをして、きちんと満足の行く1台を購入してくださいね!, まずは大手メーカー『東芝』のおすすめ人気テレビをご紹介します。機能性が充実した機種が多いため、リビングなどへ配置予定のテレビをお探しの方は、ぜひチェックしてみてください。, 東芝製のテレビで一人暮らしなどに最適なテレビをお探しの方は、32型のハイビジョンテレビがおすすめです。お値段も3万円台とお手頃なため、購入へのハードルが低いのも嬉しいポイントと言えるでしょう。, また、お部屋の明るさに応じて画質を自動で調整してくれる“おまかせオートピクチャー”も完備。そのため、どんなお部屋でも配置した日から快適で美しい映像体験が楽しめるおすすめの1台となっています。, 43型と丁度いいサイズ感で4Kクオリティーが体験できるレグザ「43M530X」。一般的に4Kテレビは50型以上の大型テレビが主流なため、「4Kテレビが良いけど、サイズが大きすぎる」と悩んでいる方にぴったりです。, スピーカーの質も高くて、美しい映像に引けを取らない高音質を実現!そのため、サイズやお値段以上の満足感を得られること間違いなしのコスパ最強の1台となっています。, 従来のテレビよりもより薄くしい映像体験を提供してくれる東芝レグザの4K液晶テレビ。50型と大画面ながら、10万円以下と安い価格で購入できるコスパの優れた1台です。, “タイムシフトリンク”にも対応しているため、見逃したテレビだって遡って視聴可能。そのため、うっかり録画を忘れても安心。, 東芝で機能性の優れた4Kテレビをお探しの方は、ぜひおすすめしたい人気の売れ筋商品です。, 綺麗な映像を実現する特殊システムを導入した大人気の4Kテレビ。地デジ放送やBSテレビでありがちなノイズ音を極限まで軽減しているため、よりクリアかつ迫力のある映像を楽しめます。, HDDプレーヤーをつなげば、2番組同時録画にも対応している機種ですので、どうしてもみたい裏番組がある時でも何の問題もなく後日チェックできます。, テレビで最も必要な高画質、高音質の2つは申し分ないため、普段使いに困ることはないでしょう。高いコスパを誇るレグザシリーズをこの機会にチェックしてみてください。, ここからは、おすすめメーカー『SONY(ソニー)』の人気テレビをお届けします。画質、音質どちらも非常に優れているので、映画やスポーツ観戦、テレビゲームなど、多岐にわたって重宝する機種が見つかりますよ。, 超解像エンジン「4K X-Reality PRO(4Kエックス リアリティープロ)」を採用することで、より繊細で美しい映像を実現したソニーの4Kブラビア。, 映像の美しさも去ることながら、ケーブル配線が見えないように設計されており、インテリアとしても重宝する1台となっています。, そのため、引っ越してテレビの購入を検討している方などにも良いですね。お値段は10万円近くと高級ではありますが、一人暮らしなど、新生活のお供にも最適なおすすめの1台です。, 画質だけでなく、音質にもこだわってソニーのテレビをお探しの方は、2020年に発売されたこのモデルがおすすめです。, 映像も4K対応だから、非常に鮮やかで美しく、映画鑑賞からテレビゲームまで、幅広い用途で楽しめますよ。, デザイン設計も非常にスタイリッシュで壁掛けも可能なので、設置スタイルが選べるのもおすすめポイントの一つです。, 55インチの大画面で圧倒的な映像美と迫力の音源を実現したソニーの「A8F」シリーズ。2018年6月に発売されたばかりの、今話題の4K有機ELテレビです。, スリムな本体デザインとは裏腹に、画面から音を出すことでより映像と音のリンクした臨場感溢れる映像体験を可能にしました。, リモコンに話しかけるだけで操作できる音声操作にも対応しているので(※ただし、インターネット環境が必要)、小さなお子様でも簡単に観たい番組を探し出せます。, 少し値の張る高級モデルではありますが、映像、音声、機能の三拍子揃った大手メーカー『ソニー』の2018年モデルをぜひ、ご自宅に導入してみてください。, 続いては、大手電機メーカー『パナソニック』の人気売れ筋テレビをご紹介。今話題の4K有機ELテレビを国内初で発売するなど、最先端の技術が詰まった機種が揃っており、日々の生活を格段とグレードアップできるので、ぜひチェックしてみてください!, パナソニックでコンパクトテレビをお探しなら、24型のビエラがおすすめですよ。幅も60cmと満たないため、6畳ワンルームでも窮屈せずに設置可能です。, 外付けHDDを接続すれば、録画も問題なく可能。お値段も安いため、購入へのハードルが低いのも嬉しいポイントです。, 一人暮らしの方から子供部屋やゲーム用のセカンドテレビまで、幅広い用途で活用できます。パナソニック製と名実ともに人気メーカーの製品だから、「とりあえず、小さめサイズのテレビが欲しい」という方にも安心しておすすめできる安定感抜群の1台です。, 日本国内で絶大な人気を誇る電機メーカーパナソニック社の32型ハイビジョンテレビ。画面サイズも絶妙なため、一人暮らしの方や寝室や子供部屋用の1台として重宝します。, お値段も3万円台と人気メーカーの商品にしては安いため、コスパの良い製品を賢くGETしたい方にぴったりと言えます。, 外付けHDDを接続すれば録画も問題なくできるため、パナソニック製品から32型テレビをお求めの方は、ぜひGETして欲しいコスパ最強のおすすめテレビです。, 「リビング用に大きいテレビが欲しい」という方は、55型の4Kテレビを検討してみてください。HDR規格にもきちんと対応しているため、従来のテレビよりもダイナミックで迫力のある映像が持ち味です。, さらに、同じくパナソニック社のブルーレイレコーダー「DIGA」と組み合わせて使用すれば、過去放送したテレビの視聴や番組再生も可能。お値段も従来の4Kテレビよりお買い求めやすくなっているので、ぜひこの機会に導入して、ご自宅で極上の映像体験をしてみてください。, とにかく映像の美しさにこだわりたい方へ、おすすめメーカー『シャープ』の人気テレビを2モデルご紹介します。パネルの性能などにも注力しているので、しっかりと吟味してハイテクな1台をGETしてくださいね!, 24型とコンパクトサイズながら、シャープ特有の映像美がしっかりと体験できるアクオスの「LC-24P5」。, 外付けHDDを接続すれば、裏番組の録画も問題なく可能。値段も2万円台と性能からすると非常に安いため、コストパフォーマンスも申し分ありません。, 一人暮らしや寝室や子供部屋向けのセカンドテレビとしても最適なので、お手頃価格で小さいテレビをお探しの方は、ぜひGETして欲しいおすすめの1台です。, 「24型、32型では小さいけれど、50型以上は大きくすぎる」そんな悩みを解決したいなら、40型のミドルサイズモデルがおすすめです。, リモコンも非常に使いやすく、番組表が見やすいのもアクオスの大きなメリット。外付けHDDと接続すれば、録画だって簡単にできます。省エネ設計だから、毎日の電気代が節約できるのもアクオスが支持されている人気の秘訣です。, 色鮮やかな発色を実現した「N-Blackパネル」やクリアで上質な音を奏でる「フロントオープンサウンドシステム」を完備した、機能性抜群の4Kアクオス。シャープは映像の美しさに定評のあるメーカーなため、解像度や高画質にこだわりたい方に最適なメーカーと言えるでしょう。, 画面サイズも50型と大きめですが、大画面テレビ特有の粗もなく、非常にキメが細かい美しい映像が自宅のリビングで存分に楽しめます。早い動きもラグらずに滑らかな倍速液晶技術も搭載しているので、映画鑑賞やテレビゲームにもぴったりな1台となっています。, ここからは、韓国の人気メーカー『LG』のおすすめテレビをお届けします。インテリアとしても美しい非常にスリムで薄いテレビなので、お部屋のレイアウトにこだわりたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。, 4K映像、サラウンド音響、スタイリッシュなデザインと三拍子揃ったLGの4K液晶テレビ。しかし、お値段も5万円台と非常に安いため、そのコスパの良さから多くの方に選ばれている人気の1台です。, 外付けHDDを用いれば録画も簡単にできるため、普段は仕事や学校でテレビ番組をリアルタイムで観れない方でもストレス無くご利用頂けます。, 「なるべくお得に4Kテレビを買いたい!」そんな方は、ぜひLGの4Kテレビを検討してみてください。, 韓国屈指の人気メーカー『LG』より2017年に発売された55型の4K液晶テレビ。テレビの売上シェアは国内メーカーの台頭が目立ちますが、安い価格で高性能なテレビが購入できるLGは、日本だけでなく世界中で着実に売上シェアを拡大しています。, 4K映像なので画質が良いのは当然ですが、本体が非常に薄くてスタイリッシュなのも若者を中心に支持されている秘訣と言えるでしょう。, まるで本物を観ていると錯覚するほど、自宅で美しい映像体験を提供してくれるLGの4K液晶テレビ。画面の大きさも、40型や50型では留まらず、更に大きい60インチとなっています。, もちろん、小型テレビや24型、32型など、小さめサイズのテレビでも映像の美しさは体験できますが、やはり大画面でしか味わえない臨場感があるのも事実。, 本体価格もサイズや性能からしてみると非常に安いため、予算に余裕のある方はぜひ購入して、ご自宅で思う存分リアルで美しい映像に酔いしれてみてください。, 最後におすすめメーカー三菱電機の人気機種をご紹介します。録画機能を内蔵するなど、1台で何役もこなしてくれるマルチなテレビをお探しの方は、欠かさずチェックしてくださいね。, 数あるおすすめメーカーの中でも、テレビにHDDが内蔵している録画テレビに尽力しているといえば、やはり三菱電機が挙げられます。, 録画テレビと耳にすると、40型、50型、55型と大型テレビに内蔵しているイメージが強いですが、32型と比較的コンパクトなテレビにもしっかりと録画機能は搭載されています。, どなたでも快適にご利用頂けますが、中でも「テレビは欲しいけど、その他にレコーダーや外付けHDDを買うのはちょっと」と感じている方には、1台で何役もこなしてくれる三菱電機の録画テレビがおすすめですよ。, 好きなメーカーのテレビを購入して、さらに外付けHDDも買い足して録画を楽しむのも良いですが、三菱のリアルなら最初からHDDを内蔵しているため、テレビ1台ですべてを完結できます。さらに、録画機能だけでなく、ダビングもできるのも嬉しい魅力。また、間違って録画番組を消してしまっても安心なごみ箱機能も搭載。, 画面サイズも40型と絶妙なミドルサイズモデルなため、一人暮らしのリビングにも配置可能です。, テレビの上手な選び方から、おすすめメーカー&人気機種まで詳しくお届けしました。種類が多すぎてどこのメーカーを買えば良いのか迷ってしまうからこそ、きちんと特徴や違いを見極めて、自身に合ったテレビを選ぶのが重要です。, こまめに買い換えるアイテムではないからこそ、しっかりと満足のいく1台を購入して、快適で楽しいテレビライフを謳歌してくださいね!. 液晶テレビには、寿命というものがあります。液晶テレビは大体7~10年ぐらいで寿命がくると言われています。主な要因としては、使用している液晶テレビのバックライトの寿命がおよそ7~10年と言われているためです。 液晶テレビでは、液晶パネルの後ろからバックライトの光を当てることによって映像を表示するため、バックライトが故障したらテレビの映像が映し出せなくなってしまいます。 バックライトは、おおよそ30,… しかし、そもそもそこまで各メーカーの液晶テレビに大別できるほどの差異があるのでしょうか。 液晶テレビの寿命は、一般的に7~10年と言われていますが、できれば長持ちさせたい方が多いのではないで … 2018年は、2月の冬季五輪平昌大会を皮切りに、夏にはサッカーW杯ロシア大会が開催されるなど、大型スポーツイベントが目白押し。この機会に古くなったテレビを買い替えようとお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし、価格が下がったとはいえ、まだまだテレビは高額なアイテム。買い替え前には各社の製品を見比べながら選ぶことをオススメします。, パナソニックのVIERA(ビエラ)は、自発光型のプラズマテレビで培った技術を生かし、有機ELテレビをフラッグシップモデルとして位置づけています。ラインナップは、プレミアムモデルの「EZ1000」シリーズと、スタンダードモデルの「EZ950」シリーズの2モデルを用意。, 2モデルの最も大きな違いはサウンド性能。EZ1000はサウンドバー型のアンダースピーカーが同梱されており、テクニクスによる音質調整が施された「Tuned by Technics」仕様となっています。, EZ1000/950共通の仕様としては、プラズマテレビで培われた自発光方式のチューニングを生かした新・映像エンジン「ヘキサクロマドライブ プラス」を搭載していることや、高品位なHDR映像を楽しめる国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得していること、映画館の質感を再現する「THX 4Kディスプレイ規格」を取得していることが挙げられます。, 2月下旬に発売されたばかりの「FX750」シリーズは、4K液晶テレビのスタンダードモデル。地震などによりテレビが設置面から離れる力が働くとテレビ台に吸着する新開発「転倒防止スタンド」を備えているほか、上位モデルと同じく映像エンジン「ヘキサクロマドライブ」を搭載しています。, ソニーのBRAVIA(ブラビア)は、有機ELテレビと液晶テレビのそれぞれにフラッグシップモデルを用意。どちらもソニー独自の技術が投入されたオリジナリティあふれるモデルとなっています。, 4K液晶テレビのフラッグシップ機「Z9D」シリーズは、高密度に配置されたすべてのLEDバックライトをひとつずつ完全に独立駆動させ、細かい範囲で明暗を緻密にコントロールする「バックライト マスタードライブ」を搭載。細かく配置されたLEDがまるで自発光パネルのように見え、有機ELテレビに肉薄する美しいグラデーションや暗部表現を実現しています。, 有機ELテレビ「A1」シリーズは、画面を直接振動させることで音を再生する「アコースティック サーフェス」という技術を搭載。これまでガラス管を振動板としたスピーカーシステムを開発してきた同社ならではの技術により、テレビの画面自体を振動させ、映像と音がリンクした臨場感のあるサウンドを体感できます。ベゼルを極限まで薄くし、スタンドが正面から見えないようにすることで映像だけが浮かんでいるような感覚を引き起こす独特のデザインも特徴です。, 4K液晶テレビのスタンダードモデル「X8500E」は、超解像エンジン「4K X-Reality PRO」や広色域を実現する「トリルミナスディスプレイ」、さらなる高画質を実現する4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。リアリティー豊かな映像美を再現します。, シャープのAQUOS(アクオス)は、業界初の民生用8Kテレビをラインナップしていますが、その8Kテレビと平行して開発を進めているのが、4K解像度のディスプレイで8K相当の画質を実現する「4K NEXT」シリーズ。これは、独自の「4原色技術」と「超解像技術」を融合することで、疑似的に縦横2倍の解像度を得るというもの。4Kディスプレイを使用するので、8Kテレビと比べて比較的安価に8K相当の高解像度を実現することが可能となります。, アクオス4K NEXTの「XG35」ラインは、地デジ放送も8K情報量で映像を再構成する「超解像・8Kアップコンバート」回路を搭載し、細部まで美しい映像を実現しています。また、「高演色リッチカラーテクノロジー」により自然でなめらかな色を表現。画面両サイドに独立型スピーカー(2.1ch 3ウェイ10スピーカー)を備えた「AROUND SPEAKER SYSTEM」により、広がりのあるサウンドを再生します。, 4K NEXTと並び、同社の独自の技術が光るのが、AI(人工知能)技術の「COCORO VISION」。ユーザーがよく見る番組や時間帯をどんどん学習し、好きなジャンルの番組やよく見るタレントが出演する作品を音声で知らせてくれるなど、使い続けることで自分好みの提案をしてくれるようになります。, COCORO VISION対応モデルの「US5」ラインは、「4K-Master アップコンバート」機能やコントラストを高める「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張)」機能を備えた「AQUOS 4K Smart Engine」により、精細で美しい映像を再生。広がりのあるサウンドを奏でる「AROUND SPEAKER SYSTEM」も備えています。, 同社の4Kテレビのハイグレードモデルとして位置づけられている「US45」ラインは、「AQUOS 4K-Master Engine PROⅡ」や「N-Blackパネル」などの高画質化技術を搭載。視聴位置に合わせて、画面角度を水平方向にを左右計約30度調節できる便利なスイーベルスタンドを採用しています。, 東芝REGZA(レグザ)は、複数のチャンネルを24時間連続録画できる「タイムシフトマシン」機能を搭載していることが特徴(上位機種のみ)。地デジ最大6chを約80時間まるごと録画できるので(2TBのタイムシフトマシン対応HDDを利用した場合)、個々の番組の録画予約をしなくとも、過去の番組欄から見たい番組を選ぶように視聴できます。, 4K有機ELモデル「X910」シリーズは、有機ELテレビ専用に新たに開発した高画質処理エンジン「OLEDレグザエンジン Beauty PRO」を搭載。有機ELパネルの特徴である深い黒を生かしながら、HDR復元やローカルコントラスト復元により高輝度なきらめきを再現しています。ドラマや映画などをじっくり見たい人にオススメです。, 4K液晶テレビ「BZ710X」は、「大容量バスレフボックス2ウェイスピーカー」を搭載した高音質モデル。臨場感のある重低音を再生する「バズーカウーファー」により、テレビのスピーカーとは思えない迫力のサウンドが楽しめます。さらに、付属のリモコンには専用の「重低音」ボタンを用意。好みのレベルに重低音を調整することができます。音にこだわる方にオススメのモデルです。, 4K液晶テレビのスタンダードモデル「M510X」は、テレビの正面にスピーカーを設置し、音が聴き取りやすい「クリアダイレクトスピーカー」を採用。タイムシフトマシン機能は備えていませんが、「タイムシフトリンク」機能により、レグザサーバーやタイムシフトマシン搭載レグザとLANケーブルでつなぐだけで録画した番組を視聴できます。搭載チューナー数は地デジ・BS/CSとも各3つで、別売のUSB HDDを接続することでW録画も可能です。, 三菱電機のREAL(リアル)は、全モデルで録画用のHDDを内蔵していることが特徴。別途、レコーダーやUSB HDDを用意しなくても、テレビだけで録画が可能です。また、4K対応の「LS3」シリーズ以外は、すべてブルーレイレコーダーも内蔵。BDソフトの視聴や、HDDに録り貯めた番組のダビングまで1台で行えるという多機能ぶりです。, 最上位モデル「LS3」シリーズは、4K液晶パネルを採用。また、バックライトには業界で唯一、色純度の高い赤色レーザーとシアン色LEDを採用。一般的な白色LEDバックライトには真似できない豊かな色彩となめらかな諧調を実現しており、最新のHDR映像においても高い輝度表現を可能にしています。, フルHDモデルの「MD9」シリーズは、内蔵HDDに加え、ブルーレイレコーダーも搭載。カーボンナノチューブ配合のDIATONE NCVスピーカーを搭載しており、クリアなサウンドが楽しめます。, スタンダードモデルの「BHR9」シリーズは、上位モデルにも採用される映像処理エンジン「DIAMOND Engine」や、鮮明で引き締まった映像を実現する「DIAMOND Panel」を搭載。また、リモコンでテレビの向きを調整できる「オートターン」機能も備えています。, このようにメーカー各社のテレビを比較すると、それぞれに個性的な機能を備えていることがわかります。特徴やスペックを確認して、自分の使い方にあったテレビを探してみて下さい。, ゲットナビ10月号別冊付録 「Qi対応ワイヤレス充電器」に関するご使用上の注意について.