音楽家の父の厳しいレッスンを受け、自らも勉強をして作曲家になったベートーベン。 どんどん名曲を発表するベートーベンだが、「耳が聞こえなくなる」という絶望的な困難におそわれる。 続きをみる. 孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。監督は『太陽と月に背いて』のアニエスカ・ホランド。ベートーヴェ... 『のだめカンタービレ』の大ヒットでクラシック音楽が最高に盛り上がる中、孤高の天才ベートーベンの音楽家としての苦悩を描いた音楽映画の決定版が本作。本作での12分間にも及ぶ「第九」演奏シーンは、映画史上に残る感動と興奮を与えてくれる。 All Rights Reserved. 敬愛なるベートーヴェン(2006年12月9日公開)の映画情報、予告編を紹介。生涯独身だった作曲家ベートーベンが、その才能を認め、師弟愛以上の感情を抱いた女性音楽家との日々を描い… Copyright (C) 2021 GYAO Corporation. ベートーベンの人生が知りたくて、大人向けの伝記本として選んだけど、この本はベートーベンの人生だけでなく、ベートーベンという感受性豊かな芸術家であり自然詩人でもある1人の人間の内面も、愛情を込めて描かれていた。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い[1]、1770年12月16日頃[2] - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる[3]。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。, 1770年12月16日頃、神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現・ドイツ領)のボンにおいて、父・ヨハンと、宮廷料理人の娘である母・マリア・マグダレーナ(ドイツ語版)の長男[4]として生まれる。ベートーヴェン一家はボンのケルン選帝侯宮廷の歌手(のちに楽長)であり、幼少のベートーヴェンも慕っていた祖父・ルートヴィヒの援助により生計を立てていた。ベートーヴェンの父も宮廷歌手(テノール)[5]であった。しかし、元来無類の酒好きであったために収入は途絶えがちであって、1773年に祖父が亡くなると生活は困窮した。1774年ごろよりベートーヴェンは父からその才能をあてにされ、虐待とも言えるほどの苛烈を極める音楽のスパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して強い嫌悪感すら抱くようにまでなってしまった。1778年にはケルンでの演奏会に出演し、1782年11歳のときよりクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事した。, 1787年、16歳のベートーヴェンはウィーンに旅し、かねてから憧れを抱いていたモーツァルトを訪問した。しかし、最愛の母・マリアの危篤の報を受けてボンに戻った。母はまもなく死没し(肺結核)[6]、その後はアルコール依存症となり失職した父に代わっていくつもの仕事を掛け持ちして家計を支え、父や幼い兄弟たちの世話に追われる苦悩の日々を過ごした。, 1792年7月、ロンドンからウィーンに戻る途中でボンに立ち寄ったハイドンにその才能を認められて弟子入りを許され、11月にはウィーンに移住し(12月に父死去)、まもなくピアノの即興演奏の名手(ヴィルトゥオーゾ)として広く名声を博した。, 20代後半頃より持病の難聴(原因については諸説あり、鉛中毒説が通説)が徐々に悪化。28歳の頃には最高度難聴者[要出典]となる。音楽家として聴覚を失うという死にも等しい絶望感から、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』をしたためて自殺も考えた。しかし、彼自身の芸術(音楽)への強い情熱をもってこの苦悩を乗り越え、ふたたび生きる意欲を得て新たな芸術の道へと進んでいくことになる。, 1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたって中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森(ロマン・ロランによる表現)と呼ばれる時期となる。その後、ピアニスト兼作曲家から、完全に作曲専業へと移った。, 40歳頃(晩年の約15年)には全聾[要出典]となり、さらに神経性とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、たびたび非行に走ったり自殺未遂を起こしたりするなどした甥・カールの後見人として苦悩するなど、一時作曲が停滞した。しかし、そうした苦悩の中で書き上げた交響曲第9番や『ミサ・ソレムニス』といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲等の作品群は彼の辿り着いた境地の未曾有の高さを示すものであった。, 1826年12月に肺炎を患ったことに加え、黄疸も併発するなど病状が急激に悪化し、以後は病臥に伏す。翌1827年3月23日には死期を悟って遺書を認めた[7]。病床の中で10番目の交響曲に着手するも、未完成のまま同年3月26日、肝硬変のため波乱に満ちた生涯を閉じた。享年58(満56歳没)。その葬儀には2万人もの人々が参列するという異例のものとなった。この葬儀には、翌年亡くなるシューベルトも参列している。, 作曲家としてデビューしたてのころは耳疾に悩まされることもなく、古典派様式に忠実な明るく活気に満ちた作品を書いていた。この作風は、ハイドン、モーツァルトの強い影響下にあるためとの指摘もある[8]。, 1802年の一度目の危機とは、遺書を書いた精神的な危機である。ベートーヴェンはこの危機を、ウィーン古典派の形式を再発見することにより脱出した。つまりウィーン古典派の2人の先達よりも、素材としての動機の発展や展開・変容を徹底して重視し、形式的・構成的なものを追求した。この後は中期と呼ばれ、コーダの拡張など古典派形式の拡大に成功した。, 中期の交響曲はメヌエットではなくスケルツォの導入(第2番以降)、従来のソナタ形式を飛躍的に拡大(第3番)、旋律のもととなる動機やリズムの徹底操作(第5、7番)、標題的要素(第6番)、楽章の連結(第5、6番)、5楽章形式(6番)など、革新的な技法を編み出している。その作品は、古典派の様式美とロマン主義とをきわめて高い次元で両立させており、音楽の理想的存在として、以後の作曲家に影響を与えた。第5交響曲に典型的に示されている「暗→明」「苦悩を突き抜け歓喜へ至る」という図式は劇性構成の規範となり、のちのロマン派の多くの作品がこれに追随した。, これらのベートーヴェンの要求は必然的に「演奏人数の増加」と結びつき、その人数で生み出される人生を鼓舞するかのような強音やすすり泣くような弱音は多くの音楽家を刺激した。, 1818年の二度目の危機のときには後期の序曲集に代表されるようにスランプに陥っていたが、ホモフォニー全盛であった当時においてバッハの遺産、対位法つまりポリフォニーを研究した。対位法は中期においても部分的には用いられたが、大々的に取り入れることに成功し危機を乗り越えた。変奏曲やフーガはここに究められた。これにより晩年の弦楽四重奏曲、ピアノソナタ、『ミサ・ソレムニス』、『ディアベリ変奏曲』、交響曲第9番などの後期の代表作が作られた。交響曲第9番では第2楽章にスケルツォ、第3楽章に緩徐楽章と通常の交響曲の楽章と入れ替えが行われ、さらに第4楽章では独唱・合唱を含む声楽を用い、それまでにない画期的な交響曲を作曲している。, ベートーヴェンの音楽界への寄与は甚だ大きく、彼以降の音楽家は大なり小なり彼の影響を受けている。, ベートーヴェン以前の音楽家は、宮廷や有力貴族に仕え、作品は公式・私的行事における機会音楽として作曲されたものがほとんどであった。ベートーヴェンはそうしたパトロンとの主従関係(およびそのための音楽)を拒否し、大衆に向けた作品を発表する音楽家の嚆矢となった。音楽家=芸術家であると公言した彼の態度表明、また一作一作が芸術作品として意味を持つ創作であったことは、音楽の歴史において重要な分岐点であり革命的とも言える出来事であった。, 中でもワーグナーは、ベートーヴェンの交響曲第9番における「詩と音楽の融合」という理念に触発され、ロマン派音楽の急先鋒としてその理念をより押し進め、楽劇を生み出した。また、その表現のため、豊かな管弦楽法により音響効果を増大させ、ベートーヴェンの用いた古典的な和声法を解体し、トリスタン和音に代表される革新的和声で調性を拡大した。, 一方のブラームスは、ロマン派の時代に生きながらもワーグナー派とは一線を画し、あくまでもベートーヴェンの堅固な構成と劇的な展開による古典的音楽形式の構築という面を受け継ぎ、ロマン派の時代の中で音楽形式的には古典派的な作風を保った。しかし、旋律や和声などの音楽自体に溢れる叙情性はロマン派以外の何者でもなかった。また、この古典的形式における劇的な展開と構成という側面はブラームスのみならず、ドヴォルザークやチャイコフスキー、20世紀においてはシェーンベルク、バルトーク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチ、ラッヘンマンにまで影響を与えている。, 同時代のロマン派を代表する芸術家E.T.A.ホフマンは、ベートーヴェンの芸術を褒め称え、自分たちロマン派の陣営に引き入れようとしたが、ベートーヴェンは当時のロマン派の、形式的な統一感を無視した、感傷性と感情表現に代表される芸術からは距離を置いた。ベートーヴェンが注目したものは、同時代の文芸ではゲーテやシラー、また古くはウィリアム・シェイクスピアらのものであり、本業の音楽ではバッハ、ヘンデルやモーツァルトなどから影響を受けた[9]。, ベートーヴェンが「前衛」であったのかどうかは、多くの音楽学者で見解が分かれる。原博は「ベートーヴェンは前衛ではない」と言い切り[10]、彼は当時の「交響曲」「協奏曲」「ソナタ」「変奏曲」などの構造モデルに準拠し、発案した新ジャンルというものは存在しないとしている。ただし、「メトロノームの活用」「母語での速度表示」「ピアノの構造強化と音域の拡張」「楽曲の大規模化」「大胆な管弦楽法」「演奏不可能への挑戦」「騒音の導入(戦争交響曲)」など、後世の作曲家に与えた影響は計り知れないものがある。, ベートーヴェンの母語であるドイツ語ではルートゥヴィヒ・ファン・ベートホーフェン ドイツ語発音: [ˈluːtvɪç fan ˈbeːthoːfən] ( 音声ファイル)と発音される。, 日本では明治時代の書物の中には「ベートーフェン」と記したものが若干あったが、ほどなく「ベートーヴェン」という記述が浸透していき、リヒャルト・ワーグナーのように複数の表記が残る(ワーグナー、ヴァーグナー、ワグネル)こともなかった。唯一の例外は、NHKおよび教科書における表記「ベートーベン」である。, 姓に“van”がついているのは、ベートーヴェン家がネーデルラント(フランドル)にルーツがあるためである(祖父の代にボンに移住)。vanがつく著名人には、画家のファン・エイク(van Eyck)、ヴァン・ダイク(van Dyck)、ファン・ゴッホ(van Gogh)などがいる。van Beethovenはオランダ語でファンベートホーヴェあるいはファンベートホーヴェン オランダ語発音: [fɑm ˈbeːtɦoːvə(n)]と発音される[要出典]。, vanはドイツ語、オランダ語では「ファン」と発音されるが、貴族を表す「von(フォン)」と間違われることが多い。「van」は単に出自を表し、庶民の姓にも使われ、「van Beethoven」という姓は「ビート(Beet)農場(Hoven)主の」という意味に過ぎない。しかしながら、当時のウィーンではベートーヴェンが貴族であると勘違いする者も多かった。, 偉大な音楽家を意味する「楽聖」という呼称は古くから存在するが、近代以降はベートーヴェンをもって代表させることも多い。たとえば3月26日の楽聖忌とはベートーヴェンの命日のことである。, 慢性的な腹痛や下痢は終生悩みの種であった。死後に行われた解剖では肝臓、腎臓、脾臓のほか、多くの内臓に損傷が見られた。これらの病の原因については諸説あり、定説はない。近年、ベートーヴェンの毛髪から通常の100倍近い鉛が検出されて注目を集めた。鉛は聴覚や精神状態に悪影響を与える重金属である。しかし、ベートーヴェンがどのような経緯で鉛に汚染されたかについても諸説あり、以下のとおりである。, 弟・カールの血筋が現在も残ってはいるが、ベートーヴェン姓は名乗っていない。カールの直系子孫の一人であるカール・ユリウス・マリア・ヴァン・ベートーヴェン(1870年5月8日生まれ)が1917年12月10日に他界したのを最後に、ベートーヴェン姓を名乗る子孫は途絶えている。, ベートーヴェンの伝記は多くあるが、1977年に刊行されたメイナード・ソロモンによる『ベートーヴェン』があり、このソロモン版伝記はのち、歴史家のピーター・ゲイによって精神分析的手法による労作として高く評価された[20]。, ロマン・ロランの伝記『ベートーヴェンの生涯』が片山敏彦訳で岩波文庫に収録されている。青空文庫にも収録された[21]。, フォーレは聴覚障害になってからも30作以上は発表しているが、ベートーヴェンに比べれば少ない。, "The deafness of Beethoven: an audiologic and medical overview. ピアノやクラシック音楽にそれ程詳しくない人でも、名前はもちろん、曲の一部は聴いた事があるであろうベートーベン。数多くの名曲を残した天才作曲家です。今回はそんなベートーベンの名曲を10曲選び、ご紹介していきたいと思います。 映画『シャイン』のモデルの愉快なリアルライフが今、明らかに! 伝説的なピアニストでアカデミー賞受賞作『シャイン』のモデルとなったデイヴィッド・ヘルフゴットは、小さい頃から厳格な父からピアニストになるべく英才教育を受け、神童と言われる天才的ピアニストだった。 有名な音楽家として活躍する日本人の多くは、音楽大学で知識や技能を習得し、有名なコンクールでの入賞も手助けとなっているようです。 もちろん独学で有名になった人もいますが、いずれにしても音楽への情熱やセンス、技術を磨き続ける地道な努力が求められます。 また、音楽へのより深い理解を得るために、語学力も身につけておくとよいでしょう。 将来音楽家を目指すみなさんに向けて、有名な音楽家やブログ、インスタを紹介するので、ぜひ参考にしてください。 大フーガを最後まで醜いと言っていたな。写譜はすれども理解はできないという役柄なのか。「敬愛なる」は日本語がおかしい。バカ... ベートーヴェンに教示を与える才女アンナなどという架空の人物をわざわざ創作する必要があるのでしょうか?偉大なマエストロへの... エドハリスのベートーベンが光ってました。音楽の意味、神とのつながり等、監督の音楽に関する考えも参考になりました。余談です... 「Yahoo!映画」はYahoo! 敬愛なるベートーヴェン(2006)の映画情報。評価レビュー 241件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:エド・ハリス 他。 孤高の天才音楽家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンと、彼のコピスト(写譜師)となった作曲家志望の女性アンナの師弟愛を描いた感動ドラマ。 ベートーベンはボン(現在のドイツ)で生まれ、宮廷音楽家の父親から音楽教育を受けたとされる。モーツァルトに私淑し、やがてハイドンの弟子となった。20代で難聴の症状が表れ、晩年は耳がほとんど聞こえなかったと伝えられる。 音楽家ベートーベンの楽曲「運命」に反応したことから「ベートーベン」と名付けられました。 『ベートーベン1』では、犬嫌いのジョージを困らせる、犬映画あるあるのドタバタ劇が繰り広げられます。 こんにちはクラシックに最近興味を持ち始めたものです。さっそく質問させていただきたいのですが、クラシックの作曲家を題材にした映画などはないでしょうか。映画は全くと言ってよいほど詳しくないので、例を出すことが出来ないのですが その後ハイドンに弟子入りしたベートーベンでしたが、今度は父を亡くし、1人で兄弟たちの面倒を見ることに。ハイドンから学んだ作曲の技術を武器に『ピアノ三重奏曲』を発表し、音楽家としての一歩を踏み出します。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(独: Ludwig van Beethoven、標準ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い 、1770年12月16日頃 - 1827年3月26日)は、ドイツの作曲家、ピアニスト。音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる 。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。 Amazonさんでは3万円近くするコンプリートボックス?しかなく、ずーっと探し求めていましたが、やっと再販されたと知り、迷わず購入しました♫この映画を観て、ゲイリーオールドマンのファンになり、ベートーベンの音楽を聴くようになりました。 ベートーベン 映画 不滅の恋 ベートーヴェン : 作品情報 - 映画 ... タレントの稲垣吾郎が、nhkで年末まで多岐にわたって展開される、音楽家ベートーベン(1770年-1827年)の生誕250年を記念した「ベートーベン250」プロジェクトのアンバサダーに就任した。 「ジャジャジャジャーン」で有名な音楽家・ベートーベンは、難聴だったと言われています。 難聴で耳が聞こえないハズなのに、なぜ作曲できたのでしょうか? 理由や、ベートーベンの難聴は嘘なのかについて解説していきたいと思います。 『ベートーベン』(Beethoven)は、1992年に公開された動物映画。翌年には続編の『ベートーベン2』が公開された。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. ", "Cumulative Lead Exposure and Age-related Hearing Loss: The VA Normative Aging Study", Internet Archive Search: Beethoven AND (date:[1850 TO 1945] OR collection:(78rpm) OR mediatype:(78rpm) OR collection:cylindertransfer), https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン&oldid=81182249, 身長は165cm前後と当時の西洋人としては中背ながら、筋肉質でがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、, 基本的に服装には無頓着であり、若いころには着飾っていたものの、歳を取ってからは一向に構わなくなった。弟子の, 当時のウィーンではベートーヴェンが変わり者であることを知らない者はいなかったが、それでもほかのどんな作曲家よりも敬愛されており、それは盛大な葬儀と多数の参列者を描いた書画からも伺える。しかし、「ベートーヴェン変人説」も、, 性格は矛盾と言っても差し支えのない正反対な側面があった。人付きあいにおいて、ことのほか親切で無邪気かと思えば、厳しく冷酷で非道な行動に出るなどと気分の揺れが激しかった。親しくなると度が過ぎた冗談を口にしたり無遠慮な振る舞いを見せたりすることが多かったため、自分本位で野蛮で非社交的という評判であったとされている。これもどこまで真実なのかは定かではないが、ピアノソナタ・ワルトシュタインや弦楽四重奏曲・大フーガつきの出版に際して、出版社の「カット」命令には律儀に応じている。癇癪持ちであったとされ、女中(女性)に物を投げつけるなど、しばしば暴力的な行動に出ることもあったという。, 死後、「不滅の恋人」宛に書かれた1812年の手紙が3通発見されており、この「不滅の恋人」が誰であるかについては諸説ある。, これらは氷山の一角に過ぎず、20 - 30代でピアニストとして一世を風靡していたころは大変なプレイボーイであり、多くの女性との交際経験があった。この行動を模倣した人物に、後年の, 1826年の1月から、肝障害による腹水治療を行ったアンドレアス・ヴァヴルフ医師が、腹部に針で穿刺して腹水を排水した際、毛髪の分析結果では腹部に穿孔するたびに鉛濃度が高くなっていることから、傷口の消毒のために使用された鉛ではないかとする説。, 『運命と呼ばないで ベートーヴェン4コマ劇場』作・NAXOS JAPAN、画・IKE(学研プラス、2014年). 音楽の都ウィーン。 ウィーンは、モーツァルトやベートーベンなど多くの有名な音楽家が活躍した地ということでも有名ですが、なぜ彼らのような才能ある有名な音楽家がウィーンに集まってきたのでしょうか? 実は、それには女皇マリア・テレジアやハプスブルグ家が大きく影響しています。 ハプスブルク帝国でもあったウィーン。かつてオーストリアの中心であるウィーンで生活をしていた貴族たちが、皇帝を真似て楽団を作… 1982年04月30日 ベルリンフィルハーモニーホールヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 All Rights Reserved. ベートーベンのピアノソナタはピアノ学習者にとって必須です。 今回は、ベートーベンがその生涯をかけて作曲した全32曲のピアノソナタの難易度を、ピアノ講師である私の経験から、レベル1~10までに分けてご紹介します。 この映画から得られるものは、ベートーベンが置かれた音のない世界でも頭の中は音楽でいっぱいだとか、そういう点を改めて見出すこと。 エドハリスは前から好きな俳優ですが、難しい役回りを演じてく … Copyright (C) 2021 Yahoo Japan Corporation.