心地よくもぴたりと安定した姿勢がとれるように設計しています。, 猫との暮らしをより豊かにする猫壱(ねこいち・ネコイチ)ブランドサイトです。わたしたちは猫とお客様を深いレベルで理解することでデザインの美しい機能性にも優れた商品を開発します。, 猫壱のメールニュース(無料)に登録すると、最新の製品やモニターのご案内、お得なセール情報などをお届けします。. 猫の鼻息がフンフン、ブーブーといった「猫の咳」をする原因やその対策についてまとめています。もしかして、愛猫が病気なんじゃないか?どこか具合いが悪いんじゃないかと心配している飼い主さんが知っておくべき情報を詳しく説明しています。 この「逆くしゃみ」とは、大きな音を出しながら繰り返し息を吸い込む動作のことで、正式には「咽頭絞扼反射」もしくは「発作性呼吸」と呼ばれています。 インコと一緒に遊んでいるとき、指の上でグーグーという鳴き声をあげることがありますよね。指先を軽く噛みながらグーグーと鳴いたり、またはお気に入りのおもちゃに向かって鳴いていることもあります。この鳴き声を出すのはご機嫌なときや甘ているときです。 しかし、若くして発症している場合、飼い主は短頭種の猫はこのような呼吸だと思い込んでいる場合も多いです。早めに異常に気がつき、専門家に相談をして、重症化する前に治療に入ると良い結果につながるでしょう。 症状. せき、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどは、健康な猫ではほとんどみられません。これらの症状が現れるのは、上部気道に炎症がある場合です。, 症状が長びくようなら、はやめに獣医師の診断を受けます。猫のせきは「ケーッッ、ケーッッ」といかにも喉の奥に何かが詰まったような音を出します。, 成猫の呼吸が、小刻みにはやくなったら、肺や気管支などの障害が疑われます。低温・乾燥が続く冬場は、猫ウイルス性鼻気管炎など呼吸器系の伝染病が流行しやすくなって、しばしば呼吸困難を起こします。, 口を開けたまま、お腹を大きく波打たせて呼吸をしている場合は、かなり重度の呼吸困難です。老猫や心臓に疾患のある猫は、ひどく興奮したり、激しい運動をしたあとで、呼吸がはやくなって苦しそうにあえぐこともあります。, 腹が極端にふくれてきたり、逆に細くなりすぎたときは、何か体に変調をきたしていることが多いので注ふくくう意しましょう。, 腹腔にはいろいろな臓器が入っています。何が原因でふくれてきたかは、獣医師に診断してもらいます。腹全体がふくれてきただけでなく、体の肉づきもよくなっていれば、肥満です。, 皮層の下や腹腔内に脂肪が蓄積しています。腹がふくらんでいて、抱かれるのを嫌がるようなら、抱かれることで圧迫されて痛みを感じると考えられます。, 腹腔内に腫傷がある、腹水がたまっている、子宮蓄膿症を起こして子宮に膿がたまっているなどが、その原因です。. しかしいずれも素人には見分けがつきにくいかも知れません。 最近生後二ヶ月の仔猫の里親になりました。ところがこの猫ちゃん、鼻?というかお腹?からずっとぐるぐるバリバリと言うような、まるでプロペラが回るみたいな音がするのです。音がしないのは本当に熟睡しているときぐらいで、それ以外は 猫と人の暮らしを豊かにする商品とサービスを 肥満の猫の方が呼吸が圧迫され睡眠時にどうしてもいびきをかきやすいのだそう。 呼吸が圧迫されるため猫も人間と似たような太いいびきをかいてしまうようです。 猫の肥満は万病のもと。 病気になるリスクが増えてしまいます。 猫が太いいびきをかいていて肥満気味だな、と飼い主さんも� 猫が咳をする、なんてあまり見ない現象です。愛猫が咳をしたら、飼い主さんなにか大変な病気なのでは?と慌ててしまいますよね。しかし猫の「咳」は病気だけで起こる現象ではありません。 ストライダー(すとらいだー、stridor)とは、喉頭や中枢側の気管支の狭窄や閉塞により生じる、連続性ラ音の一つである。「グーグー」や「ゼーゼー」など低調な音が吸気相に聞こえるのが特徴である。 … 今回は、あなたの愛猫の咳が病気の咳なのか、自然現象の咳なのか、見極めるポイントをご紹介しましょう。, まず猫の様子をじっくりと観察して下さい。口の中や鼻の中に異物がある場合は、顔を前足で擦るような仕草をしながらコホコホと咳をすることがあります。 この猫風邪はウイルスや細菌が原因で起こります。カリシウイルス、クラミジアなどには感染しないように気をつけましょう。「トキソプラズマ」という寄生虫が感染しておこるトキソプラズマ症も、、嘔吐や発熱、ゼーゼーという咳を伴うことがあります。 寝ながら弱々しく咳のような呼吸をするとき. その場合は異物が取れればけろっとして遊びますから、問題はないでしょう。   猫も人間も当然ですが、睡眠中に酸素を体内に取り込むために、口もしくは鼻から呼吸をしています。 その際に、取り込んだ空気が呼吸器官を通って肺に行き着く課程において、呼吸器官のある部分が脂肪などで圧迫されている箇所があると空気と振動して音を立てる、それがいびきのメカニ� 猫の咳が病気なのか、自然現象なのか、判断に迷ったときは、一度病院を受診した方が安心かもしれません。 「シンプルで美しい猫と人の暮らしの実現」を目ざし、 猫風邪、と言われる「上部気道感染症」という病気は、人間の風邪によく似た症状が出る病気です。この病気に感染すると鼻水やくしゃみ、コホコホという咳や目ヤニ、そして発熱などの症状が現れます。 猫が咳をした時に活性化する求心線維もこのボッツィンガーコンプレックスとリンクしていることが確認されていますので (R.Shannon, 2000) 、呼吸と咳とは密接に絡み合ってコントロールされていることがうかがえます。 週に何回も見られる場合は、副鼻腔炎、鼻の中やのどの腫瘍といった可能性も考えられます。その場合は念のため動物病院に相談しましょう。, 猫の咳が出る場合、病気か自然現象なのか判断に迷うことがあります。ただの咳だし…と考えていると重篤な病気を引き起こす可能性もあります。 猫の咳、判断がなかなか難しいかも知れません。病気かどうか迷ったら、まずは動物病院へ電話して相談してみてくださいね。, 私たちは、「はじめに猫ありき」を行動の原点として、 猫は長い時間を睡眠に費やします。猫の睡眠時間が長いのには意味があり、中でも質の良い睡眠(熟睡)は長生きの秘訣にも。猫の睡眠時間から、浅い眠りと深い眠り、注意すべきいびき、浅い眠りで起こる寝言や痙攣、猫が熟睡している時の見分け方についてです。 特に怖い病気で猫の咳が出るのは心筋症です。これは血流が悪くなることが原因で起こる病気で、血栓ができてしまうと血管に詰まってしまい、命にかかわることもあります。それ以外の病気で頻繁に咳をする場合は猫の喘息かも知れません。  猫が突然うずくまって苦しそうに「ケホケホッ」と咳をしたら、とても心配になりますよね。   猫の咳の基本姿勢は「四つんばいでうずくまり、首を伸ばして頭を下げる」。この姿勢で、「ケッケッ」「フンフン」「ゼーゼー」「ヒーヒー」「グーグー」と鼻やノドを鳴らして苦しそうに呼吸したら、それが「猫の咳」です。 猫といえば、獲物を狩るために静かに行動する生き物です。しかし、そんな猫から時折グーグーと音がすることがあります。いったいこのグーグーという音の正体はなんなのでしょうか。猫がグーグー言うときに考えられる原因をまとめました。     猫 - 猫のゴロゴロ?グー?について 昨日、3~4ヶ月程の子猫をもらいました。 そこで質問なのですが 息が荒いかわからないのですが寝るときや歩き回ってる時に ゴロゴロ、グーグーと息をするたん.. 質 … また、遊んで興奮しすぎた場合、むせるような感じで咳が出ることがあります。人間も興奮すると呼吸が荒くなって咳き込んだりしますよね。あれと同じ現象です。 素材、デザインを検討し、 猫が息を吸い込むとき、肋骨が膨らむと同時に鼻の奥から「グーグー」という音を出すのが、通常の咳との最大の違いです。 この場合の猫の咳は病気ではないので、しばらくすると自然に収まりますから引き続き様子をみて下さい。 病気の咳の場合の特徴 口呼吸は猫にとって異常な行動 です。 どんな場合でも、猫が口呼吸をしていたら 注意をして、すぐに対処する必要があります。 それでは順番に見ていきましょう。 1.エアコンなどを活用し部屋の温度を下げる. 猫が息を吸い込むとき、肋骨が膨らむと同時に鼻の奥から「グーグー」という音を出すのが、通常の咳との最大の違いです。   提供する会社です。, 理想の猫の食事姿勢、身体的特徴を見つめ、 そして、元気ハツラツな時にはバリバリっと爪とぎに。, 心地よく寝転んだり、かじったり、 もちろんバリバリ爪をといだり。曲線にカラダを添わせると、 この場合の猫の咳は病気ではないので、しばらくすると自然に収まりますから引き続き様子をみて下さい。, 猫の咳は、自然現象の場合は数秒から数分で収まります。しかし咳がなかなか止まらない場合や、日常的に1日に何回も咳をしているような場合、もしくは咳をする時に「ゼーゼー」という苦しそうな音が混じっているような場合は、何らかのウィルス性感染症や心臓の病気、もしくは肺の病気が考えられます。 猫はよく吐く動物です。吐く時にケホケホッと咳をする場合があります。吐いた後、しばらくぜーぜーと苦しそうにすることもあります。 猫も人と同じように咳をすることがありますが、人のように日常的に咳をすることはありません。同じ咳でも心配のいらない咳、病気が隠されている咳など、理由はさまざまです。毎日のように咳をする、連続して咳をするという場合は、病気の可能性もあります。   呼吸がはやくなる鼻づまりから食欲減退にせき、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどは、健康な猫ではほとんどみられません。これらの症状が現れるのは、上部気道に炎症がある場合です。症状が長びくようなら、はやめに獣医師の診断を受けます。猫のせきは「ケーッッ 猫は言葉がしゃべれないため、飼い主さんが読み取るしかありません。 「ヒーヒー」と呼吸が苦しそうな咳は非常に危険。 すぐに病院にいって獣医さんに診てもらいましょう。 「肺炎」の可能性が高いです。 重症になってくると、咳の仕方も変わ またあるときは、まあるくなっておやすみの快適ソファ。 猫も人間と同じくいびきグーグーで寝たり寝言も言ったりするんですよね。我が家の愛猫も寝言をよく言います。そんな猫のいびきや寝言が悪い影響がないか調べてみました。いびきは病気の場合もありますので治療は早めにしてあげてください。 ちょっと飼い主さんが心配のなる猫の咳は「息を吸うときに音が出る」「発作の後に何かを飲み込むしぐさを見せる」といった特徴があるとき。しかしそれは鼻の奥に違和感を感じて起こしている「逆くしゃみ」の可能性が高いです。 チワワ♀10ヶ月を飼ってます。2ヶ月前に突然ガーガーアヒルのような呼吸をしたのでびっくりして、抱っこしていたらおさまりました。30秒くらいだったと思います。それから様子をみていましたがいたって元気だったので獣医さんのところ 我が家の猫ちゃんがくしゃみや咳をしたら当然の事ながら飼い主さんは心配しますよね。正しい対応の基本を知っている事が重要なのです。まずは飼い主さん自身が猫の咳をについて知っておくべき基本の知識をしっかりと身につけておく事をお伝えします。 しあわせの食器が誕生しました, あるときは、最高の居心地のベッド。 熱中症が原因で口呼吸をしていると 症例465、小田急相模原駅から徒歩15分の 犬・猫の呼吸器科(旧 相模が丘動物病院)。呼吸器系の疾患を専門に診察する動物病院です。専門病院ならではの知識と設備に加え、高度な技術力があります。犬猫の咳や呼吸困難でお困りの方はご相談ください。   いかがですか。咳が出る病気はとても重い病気の場合が考えられますよね。 猫の咳に伴って発熱や鼻水などをある場合は早急に動物病院を受診しましょう。また猫の「逆くしゃみ」はほとんどの場合、自然に収まりますので特別な治療は必要ありませんが、逆くしゃみの発作が30分以上といった長時間続く場合は要注意。 猫がどのような時に鼻を鳴らすか観察をします。走り回ったりして興奮した時であれば、ある程度の時間で収まります。しかし、呼吸が苦しそうに見えたり、咳やくしゃみなどを伴ったときは要観察となります。 そして風邪を引いたり、病気になったときのも猫はケホケホっという感じで咳をします。 猫が咳をする場合、鼻などの気管や喉、肺などに侵入した異物を取り除こうとして起こる「呼吸器系の生理現象」の場合もあります。 グーグー…いびきをする猫って大丈夫? 猫がイビキをしている姿を見ていると「かわいいな~」と思う反面、「これは何か意味があるのか?もしくは病気?」とちょっと不安になることも・・・。 猫はなぜイビキをするの?     猫は病気を隠す動物です。咳をした後、普段と全く同じように過ごすこともありますが、よく観察していると元気がなかったり、食欲がいつもより低下している、元気がない、寝ている時間が多くなった、などなんらかの症状が現れているでしょう。