‘内障などの予防効果があるとされています。 ‘内障とは? 気付かないうちに失明に至ることもある怖い病気。 片方の視野が欠けていても、もう片方の目が見えていると脳で調節されるので、気づきにくい。 手術を進めてやったとも言っていました。 でも、白内障でもないのに白内障の手術を受けなきゃいけないと言う. ‘内障を見つける視野検査をしておきましょう』とよく言われます。� ‘内障ではないけど、白内障でもなく40代で私と同じく隅角が狭い人に. 事を考えちゃい、即答できず悩む 合とアルコールの関係について教えていただきました。(そのときは眼科医の方に回答いただきありがとうございました)症状は視神経の陥没で視野の欠損はなく眼圧は正常範囲内です。(両眼とも16ぐらい)定期的 食生活、生活習慣を変えなければ、たとえ手術で視力が回復したとしても根本的な解決にはなりません」 ュロスマン症候群について御存じの方、 症状、治療法等なんでも結構ですので教えて下さい。 質問No.145061 緑内障の診断方法が変わり、昔にくらべてたくさんの人が緑内障と診断されるようになりました。緑内障の疑いがあり、半年に1回くらい定期的に診察を受けている人もたくさんいます。 ところが、緑内障の場合は禁忌(使ってはいけない)と添付文書に記載してある薬がたくさんあります。 かぜぐすり、せき止め、抗ヒスタミン剤、睡眠薬、胃薬の一部など・・・ これら全部を本当に使ってはいけないのなら、ものすごく不自由なことになります。 さて、いったいどうしたらいいのでしょう?, 添付文書を読むと、「緑内障の人には禁忌」と書いてあることが結構あります。「狭隅角緑内障の人には禁忌」と書いてあることもあります。 緑内障禁忌のくすりのうち最も使うことが多いのは抗ヒスタミン剤でしょう。かゆみどめとしてよく使われ、花粉症の時にお世話になる方も多いでしょう。風邪薬にもよく入っています。 ということは、緑内障の人は、花粉症のくすりも風邪薬も使えないのでしょうか? 睡眠薬もほとんど緑内障禁忌と書いてあります。睡眠薬として現在最もよく使われているベンゾジアゼピン系の精神安定剤はすべて緑内障禁忌です。 つまり、添付文書に従うと、緑内障の人は睡眠薬ものめないということになります。不眠症の人はものすごく困りますよね。, なぜ、これらの薬は緑内障の場合に使ってはいけないとされているのでしょうか? これらの薬物は、副交感神経を抑制する(抗コリン作用という言い方をすることが多い)か、あるいは交感神経を刺激する作用を持っています。どちらも同じような効果を持ち、瞳孔を閉じる働きを持つ毛様体筋を弛緩させるため、隅角が狭くなってしまい、眼圧上昇がおこると考えられています。 もっとも、開放隅角ならそんなに眼圧は上昇しませんし、仮に一時的に少し眼圧が上昇してもすぐ元に戻ります。 ただ、もともと狭隅角の場合は、抗コリン作用をもつ薬物によりさらに隅角が狭くなると、緑内障発作をおこす心配があります。つまり、狭隅角の方に限って危険なのです。※隅角は虹彩の根元にあって房水が流出するところ。, 交感神経・副交感神経に作用する薬は非常に多いので、緑内障禁忌の薬も多くなってしまいます。 しかし、ほとんどの緑内障は狭隅角ではなく、開放隅角なので、急性発作はおこしません。 最近診断されることの多い正常眼圧緑内障(NTGと呼ぶこともあります)も開放隅角ですから、急性発作はおこしません。 たとえ狭隅角でも、「レーザー虹彩切開術」という処置を受けておけば、緑内障発作をおこすことはなくなります。緑内障禁忌の薬でも安心して使えるのです。眼科にかかっていれば、緑内障発作の危険が高い人には、この処置をしていることが多いのです。 また、散瞳することは副交感神経を抑制して毛様体筋を弛緩させることそのものなので、以前に眼科で散瞳をして特に問題なかったなら、緑内障禁忌の薬を使っても、緑内障発作をおこす心配はきわめて少ないと言えます。(ゼロではない) 要するに、たいていの場合は大丈夫。緑内障でも、ほとんどの薬が使えるのです。, 狭隅角でも、緑内障発作をおこさなければ全く無症状です。視神経や視野も問題ないことが多いので、健康診断などで見つかることもまずありません。眼科にかかったことがない限り、わからないのです。本人も気づきません。 急性緑内障発作は、こういう、全く無自覚・無症状の人におこります。眼科にかかったことのない狭隅角の人が危ないのです。 自分で緑内障の危険があるという意識は全くありませんから、添付文書に「緑内障には禁忌」とか「狭隅角には禁忌」と書いてあったとしても無意味です。 逆に、眼科で狭隅角のために緑内障の急性発作をおこす危険が高いと診断されても、レーザー虹彩切開術を受けていれば危険でなくなります。 つまり、内科などの医師が、患者さんに緑内障かどうか問診することは、緑内障の急性発作を防ぐのに役に立っていないのです。, (1)緑内障のほとんどは開放隅角で、抗コリン作用のある薬剤をのんでも危険はありません。(2)狭隅角の人だけが危険ですが、眼科に受診していない場合、本人は緑内障の危険について無自覚・無症状なので、添付文書に記載があっても無意味です。(3)狭隅角の人でも、眼科で予防的にレーザー虹彩切開術を受けていれば、緑内障急性発作の危険はありません。(この処置を受けていない場合は注意が必要です) つまり、添付文書に緑内障禁忌と書いてあるのはあまり合理的ではなく、実際には不要な脅しになってしまっていることがほとんどです。 しかも、抗コリン作用がかなり弱くても、可能性だけですべて一律に緑内障禁忌になってしまっているのも問題だと思います。 もっとも、以上の議論はかなり単純化してしまっているのも事実。ものごとに例外はつきものです。たいていは大丈夫とはいえ、添付文書にある以上、一応眼科医にその薬をのんでよいかどうか尋ねていただくのが安全です。, 川本眼科 愛知県名古屋市南区寺崎町13-11 TEL.052-824-0800 ‘内障は完治しない病気なので、症状が進んでいないかどうか確認するために検査はとても重要です。 痛くないから眼科に行かなくても大丈夫! ¦ç›®å¤±æ˜Žã€æ®‹ã‚‹å³ç›®ã®è¦–野も中心部だけになりました。今見えていることに感謝しながら前向きだったり落ち込んだりの素直な気持ちと、日々のあれこれを書いていき … でも目が見えなくなってしまっては自由に行動する事も難しくなりますし、ましてや仕事なんて絶対に出来る状態では無くなってしまいます。 ‘内障でも大丈夫なお薬がありましたら教えて下さい ‘内障の上に乳がんだったら救いようがない。 かなり大きなしこりで、自分で気づいた時に、怖くて足がすくんでしまった。 結局空気のポケットのようなものが胸の中に出来ていたので、悪性ではなかったのだが、このときに婦人科の先生にキサラタンの事を聞いてみた。 ‘内障とうまくつきあっていく」ことが大切です。 ‘内障の場合、特に普段の生活で気をつけることはありません。あまり神経質になりすぎず、旅行や趣味などを上手に取り入れて、心身ともにゆとりのある生活を送り … »ä»˜æ–‡æ›¸ã«è¨˜è¼‰ã—てある薬がたくさんあります。 ‘内障を予防したという報告はまだありません。 ‘内障」ですが、予防するには眼科で定期的に検査をして、 早期発見 、早期治療 で進行を食い止めるしかないのが現状です。 ‘内障にかかっているとされており、そのうち、眼科を受診し、診断されている人はたった5人との報告もあります。 *「緑内障禁忌」と「急性緑内障」には密接な関係があります。ゆえに前章と内容が被ってしまうことを、前置きさせていただきます。, が、書いている本人が言うのもなんですが、緑内障はやはり「分かりにく病気」だと思うのです。その割に、一般社会での「緑内障」という名前の認知度は比較的高いのでは、と思われます。, 薬剤の添付書に「副作用」の注意書きとして記載されています。なお「緑内障禁忌」の薬剤は “向精神薬” “総合感冒薬” “鎮痙薬” など、多岐にわたっています。, こういったことは、残念ながら一切記載されていません。そこで代わりに小生が解説させていただきます。, 「急性緑内障」とは、眼圧が突然急上昇、それによる「強烈な眼痛」の果てに「視神経」が大きく障害される病気です。, 緑内障の患者さんであっても、隅角が広い「開放隅角緑内障」の患者さんであれば「急性緑内障」のリスクはほぼありません。その理由について解説します。, 「隅角」には房水の出口があります。「虹彩」が「角膜」方面に移動しこの出口を塞いでしまうと、眼圧が急激に上昇、「急性緑内障」が発症してしまいます。, それゆえ「虹彩と角膜の距離」つまり「隅角の広さ」が「急性緑内障」発症のカギになります。, 図3「広隅角(開放隅角)」ほどの広さがあれば「急性緑内障」はまず発症しません。つまり「緑内障禁忌」薬は禁忌ではなく、使用しても大丈夫です。, 逆に図3「狭隅角」ほどの狭さだと「急性緑内障」発症のリスクは高くなります。「緑内障禁忌」薬はまさに「禁忌」となります。, 「狭隅角禁忌」薬が禁忌か禁忌ではないか。これは「隅角の広さ」で決まります。「緑内障」の有無は一切関係ありません。, 「急性緑内障」を発症し得ない「開放隅角緑内障」の患者さんにとっては「緑内障禁忌」のお薬は「禁忌」ではないことになります。しかし「緑内障」患者さんであることには変わりはありません。, 「緑内障禁忌」なのに「緑内障」患者さんには大丈夫。矛盾が生じています。どう解釈すれば良いのでしょうか。, 物事には “原因” と “結果” があります。「禁忌」の前に相応しい言葉は “結果” ではなく “原因” の方です。, 「急性緑内障発作」という “結果” を避けるため、「狭隅角」という “原因” がある人に注意喚起をする。そういった「指示」であるべきなのです。, 例えば「ホームラン」という “結果” を避けるためには「ど真ん中」という “原因” を回避せねばなりません。そのために「ど真ん中禁止」と指示するのは的確と言えます。しかし「ホームラン禁止」と指示されても、何をどうすれば良いものかさっぱり分かりません。, 病気はある日突然やってきます。何もない日常が一変します。いわば「災害」のようなものです。, お薬の注意書きに「緑内障禁忌」の文面あり。「緑内障と言われたことがないから大丈夫」と思って内服。ところがその方は不幸にも「狭隅角」、結果「急性緑内障」を発症。, まさに “災い” です。「緑内障禁忌」という不正確な記載は、上記のような患者さんを生み出す元凶になり得るのです。, 本サイトでの、以降の表記は「緑内障禁忌」ではなく「狭隅角禁忌」とさせていただきます。, 「狭隅角禁忌」薬が、なぜ「急性緑内障」を発症するか。それは「抗コリン薬」が含まれているからです。「抗コリン薬」には散瞳作用があり、この「散瞳」が「急性緑内障」のトリガーになり得ます。, 「抗コリン薬」とは「副交感神経」を抑制するものです。「副交感神経」は身体を「リラックス状態」にします。「副交感神経」が抑制されると、身体は逆に「興奮状態」になります。, 「興奮状態」は眼球にどのように働くか。虹彩が周辺に折りたたまれ「瞳孔」が開きます。「興奮状態」にあると「瞳孔」が開くイメージがあるかと思いますが、まさにその通りなのです。, ところで瞳孔が開く、つまり「散瞳」するときに発症しうる病気は何でしょうか?前章「誤解の根源」でお話ししました「急性緑内障」です。理由は「散瞳」でも隅角が狭くなるからです。, 「抗コリン薬」により「中程度散瞳」に。さらに何らかの原因で「水晶体前方移動」が加わることにより「瞳孔ブロック」発生。これにより「房水」の出口である「線維柱帯」が塞がり「房水」の流れが停止。結果、急激な眼圧上昇から「強烈な眼痛」ならびに「視神経障害」を発症。, 「狭隅角禁忌」薬使用の可否を決定するにあたり、「隅角の広さ」をチェックすることが必須になります。この検査を「隅角検査」と呼びます。, 「隅角検査」は眼科医が一般的に使用している「顕微鏡」と、隅角観察用の「特殊なレンズ」で行うことができます。眼科医なら誰でも施行できる検査です。, 「隅角検査」ができなくても、その人の眼が「近視なのか遠視なのか」を知るだけで「隅角の広さ」を推察することができます。, 「近視か遠視か」これは眼球の大きさで決まります。そして眼球の大きさは隅角の広さにも影響します。眼球が大きいとその分、隅角も広くなるのです。, 白内障手術とは濁った『水晶体」を人工的な「眼内レンズ」に入れ替える手術です。なお「水晶体」と「眼内レンズ」の容積を比較すると、「水晶体」の方が明らかに大きくなります。, 白内障手術により「大きい水晶体」から「小さい眼内レンズ」に入れ替わると、水晶体の前面にあった虹彩は、その容積差の分だけ後転し角膜から離れ隅角が開大、結果「急性緑内障」のリスクは低くなります。, まとめると「白内障手術」を施行されていない「遠視眼」は「急性緑内障」発症の可能性が高くなります。, 残念ながら、きちんとしたデータを見つけられず、正確なことは言えません。あくまでも個人的な実感として申し上げます。, 大学病院に在籍していた時、その実態を知りたく、半年ほど「急性緑内障」の患者さんが来院すれば率先して対応させてもらったことがありました。結果、1週間に1例あったかどうか、でした。, 市中病院に3年間在籍していました。一般総合病院ですので全身麻酔やら胃カメラやら、「狭隅角禁忌」薬を使用する治療、検査が頻繁に施行されています。そんな中「急性緑内障」を発症しコンサルトを受けた例は1例あったかどうか、でした。, 薬剤使用の鉄則は「メリット、デメリット(作用、副作用)」をしっかり見極める事です。これは「狭隅角禁忌」薬においても当てはまることだと思われます。, 「狭隅角」だけが「急性緑内障」発症の要因ではないのです。漠然としてますが「ストレス」も要因の1つになります。, 例えば「胃カメラ」等にて胃腸の動きを抑えるために使用される「ブスコバン」。これにより検査がスムーズに行うことができ、患者さんへの「ストレス」も軽減されます。そういったメリットがありますが、散瞳作用があるため「狭隅角禁忌」となっています。ゆえに「狭隅角」の患者さんへの投与は基本避けられます。, 「ブスコバン」投与回避により「散瞳」による「急性緑内障」発症のリスクは避けることができます。しかし「ブスコバン」投与回避による生じる過度の「ストレス」が「急性緑内障」を誘発することもあり得るのです。, たとえ「禁忌」であっても、薬剤の「メリット」が優先されるべき状況もあり得るのでは。, そもそも「急性緑内障」に対する治療法はある程度確立しています。万が一「急性緑内障」が発症したとしても適切な対応で早急な解決が望めます。, 「発症頻度が比較的稀である」「使用薬剤のメリット」「治療法確立」を考慮するに、「狭隅角禁忌」ではなく「狭隅角慎重投与」でも良いのでは、と個人的には考えております。, 大事なのは「 “狭隅角禁忌” 薬で何が発症するか」を知っておくこと。万が一の時、適切な行動ができるかどうか、が非常に大事なのです。, 「緑内障禁忌」という曖昧かつ不正確な表記よりも、以下の方が適切ではないでしょうか。. ‘内障禁忌」という不正確な記載は、上記のような患者さんを生み出す元凶になり得るのです。 の落とし穴 ・「条件を徐々に下げる」のは絶対NG! ・キーワードは「安い、やめない、休まない」…カギは、ここに書かれた主要項目の通り。 Copyright(c)2014 KAWAMOTO GANKA All right reserved. ‘内障の人」と書かれてある物は飲まない方がいいです。面倒でもお医者さんで薬を処方してもらうのが安全です。 少しでも参考になれば …