スプレッドシートに戻って行と列が固定されているか確認してみましょう。 恐る恐るスプレッドシートを選択してみると・・ 一行目と一列目が固定されてました! 画像だけだと本当なのかわかりづらいので、アニメーションで↓ スプレッドシートには、行番号や列番号を表示してくれるとても便利な条件式があります。さらに、そこから任意の数値を引くこともできます。 例えば行の場合はrow()を使い任意の数値を引きます。 =row()-n. 同じように列の場合はcolumn()を使います。 =column()-n Googleスプレッドシートで、スクロールしても常に表の項目名を表示させると、どの項目のデータなのか常に把握できるのでとても便利です。ここでは、表の先頭にある行や列を固定して追尾させる方法をご説明します。 ここ最近、Webサイトの作成にWebPという画像のファイル形式が利用されるようになりました。Webpとはどのような特徴があり、JPGなどの従来の画像形式との違いとはどのような... Googleスプレッドシートには、Excelのように罫線でセルに斜線を引く機能がありません。しかし、工夫をすれば斜めの線をセルに引くことができます。この記事では、Google... Windows10にはしばらく使わない時間に省電力するためのスリープモードが有ります。自動的にスリープモードに入ってしまうのを解除するにはどうしたらいいのでしょうか。この記事... Google Chromeではブックマークバーを利用できます。しかし、常に表示されているわけではありません。この記事では、Google Chromeのブックマークバーを常に表... Googleアカウントでは再設定用のメールアドレスや電話番号を設定することができます。この記事では、再設定用のメールアドレスや電話番号にはどのような役割があり、どのように設定... 気になるWebページはソースコードを調べてみたくなります。Google Chromeなら、PCでもAndroidスマホでも簡単な操作でソースコードを表示できます。この記事では... WebページにPDFを掲載するときには、HTMLでPDFを埋め込み表示することができます。この記事では、HTMLのiframeやembed、jQueryといったコマンドを使っ... Chromeで「400 Bad Request Header Or Cookie Too Large」の原因とは何でしょうか。この記事では、「400 Bad Request ... Windows10にはWinSATというWindowsのシステム評価のツールがあります。これは、Windows7まではWindowsエクスペリエンス・インデックスと呼ばれてい... Androidで「アカウントの操作が必要」と表示されて、GmailやGoogle Playにログインできなくなることがあります。この記事では、Androidで「アカウントの操... Windows10でマウスホイールを使ってのスクロールが全く動かないことがあります。マウスホイールでのスクロールが全く動かない場合にはどのような対処法を取ればいいのでしょうか... Chromeで突然「接続がリセットされました」と表示されて、今まで接続できていたサイトへ接続できなくなることがあります。この記事では「接続がリセットされました」と表示されたと... Androidではアンインストールしてスマホから削除できなくても、アプリを無効化して停止できます。しかし、無効化してはいけないシステムなどのアプリもあります。この記事では、A... PCでYouTube動画を快適に視聴するのなら、Chromeの拡張機能のEnhancer for YouTubeは欠かせないでしょう。この記事では、Enhancer for ... Gmailではドメインを指定して受信するメールを許可することができます。この記事では、Gmailでドメイン指定の設定方法を、PCとスマホそれぞれ解説します。届くはずのメールが... 見たくないサイトを個別にブロックするには、Google Chromeの拡張機能を使うのがとても便利です。この記事では、Chromeで利用できるドメインやURLを指定してサイト... Windows10のタスクバーが突然反応しないで、フリーズしてしまうことがあります。タスクバーが反応しないと、スタートボタンからシャットダウンできないなどとても困ることばかり... Google Chromeを利用していると「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」というポップアップが頻繁に出る場合があります。この記事では「デベロッパーモードの拡張機能... Google Chromeで「ネットワークの変更が検出されました」というエラーが表示されて、サイトに接続できないことがあります。この記事では、「ネットワークの変更が検出されま... Google ChromeでWebサイトに接続した時に「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーが表示されることがあります。この記事では、Google Chro... スプレッドシートの行/列の固定方法!表示されるウインドウ枠の解除方法も解説!のページです。アプリやWebの疑問に答えるメディアapplicaは、iPhoneやアンドロイドのスマートフォンアプリに加えて、WindowsやMacでのサービスの使い方や最新情報を紹介します。, あとは実際にGoogleスプレッドシートを行や列を固定し、残りのスペースを自在にスクロールして便利に使いこなすだけ. そんなGoogleスプレッドシートに慣れる第一歩として、ウインドウ枠を移動して行や列の固定方法を説明します。行や列を固定しないと、下図のようにセルを移動するに連れてすべてのセルが動いてしまい、どの項目がどれの値なのかがわからなくなりがちです。そんなときに行や列の固定をできると、一遍に表の見通しがよくなります。 スプレッドシートには、行番号や列番号を表示してくれるとても便利な条件式があります。さらに、そこから任意の数値を引くこともできます。 例えば行の場合はrow()を使い任意の数値を引きます。 =row()-n. 同じように列の場合はcolumn()を使います。 =column()-n Googleスプレッドシートで、スクロールしても常に表の項目名を表示させると、どの項目のデータなのか常に把握できるのでとても便利です。ここでは、表の先頭にある行や列を固定して追尾させる方法を … 何事も基本が重要ですからね!笑, 一番左上(A列の左、1行の上)の太くなっている部分を選択して、ドラックアンドドロップするだけです!, 残念ながらスプレッドシートにエクセルのウィンドウ枠の固定と全く同じ機能というものはありません。, しかし、上記で説明した簡単に行と列を固定する方法を使えばウィンドウ枠の固定と同じ状態にすることができます。, ですから、スプレッドシートを使っていて特にエクセルのウィンドウ枠の固定の機能が無くて困ったということはありませんね。, そして、勘の良い方であれば気づいてしまったかもしれませんが、上記で説明した簡単に列や行を固定する方法で応用がききます。, 列や行を固定していると、先程一番左上にあった太い線が、固定している列や行のところに来ていると思います。, それを動かしてあげれば、列も行も固定している範囲を変えることができます。 スプレッドシートの活用法 > スプレッドシートの操作方法 > スプレッドシートの上の行や左の列を常に表示する方法. 行または列を固定する. 行や列の固定は、スプレッドシートを利用するには欠かせない機能なのです。, 一般的な表では、第1行目が表の各列の項目名になります。そのため表を下にスクロールしていくと項目名が見えなくなって、表が使いづらくなります。そこで、項目名を固定するために、1行目を固定することにします。 スプレッドシートの活用法 > スプレッドシートの操作方法 > スプレッドシートの上の行や左の列を常に表示する方法. 今回はGoogleスプレッドシートのスクロールについて紹介します。表計算は多くのデータを取り扱うため表示範囲を固定する場面が多々あります。そのウィンドウ枠を固定する方法を紹介します。エクセルでも出来る機能で表計算アプリを使用する際には必須の機能です。 表が大きくなった時にヘッダーとなる行や列を常に表示しておきたいことがあります。このような場合には表示>固定を使用します。 スプレッドシートの列を固定 列が固定されていいないので、横にスクロールすると項目が消えてしまいます。 行の固定と同様に列を固定する方法も簡単でメニューから固定したい列数を選択するだけです。 Googleドキュメントのスプレッドシートで、行または列の固定を行う方法についての解説です。 エクセルで言うところのウインドウ枠の固定ですね。 スプレッドシートなどを使っていれば、データが膨大な量になり、一画面には到底収まり切らないことは普通にあります。 固定する行数または列数を選択します。 固定を解除するには、行または列を選択し、上部で [ 表示] [ 固定] [ 行なし] または [ 列なし] の順にクリックします。 GoogleスプレッドシートをPCで使用している場合の2行固定の方法は、1行固定の方法と同様です。2行固定するということは、 1行目から2行目までを固定する という意味になります。 ではGoogleスプレッドシートのメニュで、「表示」「固定」「2行」をクリックします。 また行や列の固定・解除はパソコンだけでなくスマホからも可能です。 行または列を固定する手順. スプレッドシートの列を固定 列が固定されていいないので、横にスクロールすると項目が消えてしまいます。 行の固定と同様に列を固定する方法も簡単でメニューから固定したい列数を選択するだけです。 スプレッドシートも簡単にソートはできますので、サーっとマスターして下さい。 ... スプレッドシートのスクロールを固定枠で行う方法:行や列を固定する 2021.1.8. 概説 Google SpreadSheets(スプレッドシート)で表を作成している際に、項目行となっている行を固定したい場面はありませんでしょうか? 行や列を固定するには、メニューバーの 表示>固定 から設定が可能です。 以下に詳しく説明します。 方法 行・列を固定するには、以下の順番で操作します。 同様に、Googleスプレッドシートのメニューバーから 「表示」→「固定」→「1列」とクリック することで1列目を固定することができます。 スマホのGoogleスプレッドシートアプリで行・列固定を解除する場合は、「スマホで行や列のセルを固定する方法」で説明したのと同様に、まず固定を解除したい行や列をタップします。行や列が選択されたら、選択範囲内のセルをもう一度タップします。, すると行や列のコマンドがポップアップしますので、その中から「×列を固定解除」を選択します。もし目的のメニュー項目が表示されない場合は、右端の「▶」をタップしてメニューページを切り替えてください。, 以上の説明を読むことで、Googleスプレッドシートでの行・列固定については完璧に対応できるようになったはずです。あとは実際にGoogleスプレッドシートを行や列を固定し、残りのスペースを自在にスクロールして便利に使いこなすだけです。 パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。; 行、列、またはセルを選択します。 スプレッドシートの列を固定する方法. スプレッドシートと言えばExcelですが、無料で利用できるGoogleスプレッドシートもExcel並みの機能を備えています。その一端として、今回は行や列の固定方法をお教えします。Googleスプレッドシートに慣れる第一歩として行と列の固定方法を覚えてください。 という方のために、こちらの記事ではスプレッドシートの列や行を自由自在に固定する方法をお伝えしています。, また、スプレッドシートの覚えるべき基本的な機能やショートカットキーを別記事にまとめているので、そちらも合わせて見てみてください!, スプレッドシートの列を固定は 表示→固定→1列(or2列or現在の列まで)の順番に進んでいけばOKです。 Microsoftのエクセルには、「 ウィンドウ枠の固定 」と呼ばれる行と列を固定する方法があります。. 先頭列を固定する [表示]、[ウィンドウ枠の固定]、[先頭列の固定] の順に選択します。 列 a と列 b の間に表示される薄い線は、先頭列が固定されていることを示します。 先頭の 2 列を固定する. スプレッドシートで大きな表を作るときは、見出しや項目などが入力された行や列を「固定」するとスクロールしても項目が消えないので、見やすい表を作るのにとても有効です。 今回の例では『a2:a』と固定して使っていますが、以下の方法で動的に列のアルファベットを取得して数式に組み込んでも問題なく動作します。 【コピペでok】スプレッドシートの関数で『列のアルファベット』を取得する方法 スプレッドシートと言えばExcelですが、無料で利用できるGoogleスプレッドシートもExcel並みの機能を備えています。その一端として、今回は行や列の固定方法をお教えします。Googleスプレッドシートに慣れる第一歩として行と列の固定方法を覚えてください。, 無料で使える表計算Webアプリ・Googleスプレッドシートは、表計算ソフトの雄であるExcelよりも優れた関数すら備えるきわめて強力なスプレッドシートです。 シート内の任意の数の行および列を固定して、スクロール不可能な状態にできます。上端の行(先頭行)、または左端の列(先頭列)を、任意の行数または列数だけ固定できます。また、シート下端の行(末尾行)または右端の列(末尾列)を、任意の数または列数だけ固定できます。 スプレッドシートの行と列を固定する方法 の記事ページです。Googleスプレッドシートハックでは、社会人、ビジネスマンに必要なGoogleスプレッドシートの使い方、活用法方を解説しています。習得すれば必ず今後の人生で役に立つツールであなたもワンオブゼムになろう! エクセルで行や列を同時に固定してスクロールする方法を紹介しています。もちろん、行だけ、列だけ固定する方法も説明しています。とても便利です。エクセルには「ウィンドウ枠の固定」という機能が … 行・列の幅を一括指定して揃えるのに関連する操作. パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。 行、列、またはセルを選択します。 選択した行、列、またはセルを右クリックします。 Googleスプレッドシートを開きます 固定したい、行(または列)を選択します 画面上部のメニューから「表示」>>「固定」の順で進みます 「現在の行まで()まで」をクリックします 以上の操作で、スプレッドシートの行や列を固定することができます。 行と列の見出し; シートの行や列を固定している場合、チェックボックスをonにすると、固定された行や列を2ページ目以降にも追加して印刷することができます。 ページをまたいで大きな表を印刷する場合などに便利です。 さいごに セル幅(行・列)の自動調整に関連する操作. 行・列の幅を一括指定して揃えるのに関連する操作については、以下のページをご覧下さい。 操作方法:スプレッドシートにおける基本操作をまとめた … この記事以外にもGoogleスプレッドシートの便利な使い方の紹介記事はたっぷりありますので、うまく活用してGoogleスプレッドシートを使いこなしてください。. 「どんなにスクロールしてもヘッダーを追従させるには?」こう思ったので「行の固定」を覚えてみました。ツールバーの「表示→固定」からで、解除も、設定のときと同じところから「行or列なし」を選 … まずはスプレッドシートを開き、固定したい行または列のセルを選択した状態にしましょう。 スプレッドシートの印刷範囲を表示して余白を指定しよう! 非表示にしなくても、あと1行・1列を調整できれば上手く印刷範囲に入るんだけどな〜・・ そんな場合は印刷設定の画面から「余白幅の調整 1.列幅を調整したい複数の列を選択したら、選択した範囲にある列番号の境界線にマウスポインタを合わせ、左右の矢印の形にします。 2.境界線をダブルクリックします。 シートの行と列固定を解除 スプレッドシートの列、行、セルを追加、変更、移動、削除できます。 1 つの行、列、セルの追加. スプレッドシートの列、行、セルを追加、変更、移動、削除できます。 1 つの行、列、セルの追加. Googleスプレッドシートで列の幅、行の幅を変更する方法です。 Excelと操作方法はほぼ一緒ですが、メニューなどに表示される名前がExcelでは「列の幅」という名称に対して、Googleスプレッドシートでは「列のサイズを変更」となります。 メニューバーから「表示」→「行見出しを固定」を選びます。 固定したい行数が表示されるので「1行を固定」を選択します。 ステップ3 行・列の幅を一括指定して揃えるのに関連する操作については、以下のページをご覧下さい。 操作方法:スプレッドシートにおける基本操作をまとめた … スプレッドシートの列を固定 列が固定されていいないので、横にスクロールすると項目が消えてしまいます。 行の固定と同様に列を固定する方法も簡単でメニューから固定したい列数を選択するだけです。 行・列の幅を一括指定して揃えるのに関連する操作. 3 番目の列を選択します。 連番を入力するSEQUENCE関数 Googleスプレッドシートで連番を入力できるSEQUENCE関数の使い方。 オートフィルと同様のことができる関数です。1列や1行に連番を入れる以外にも表形式にまとめて連番を入れることもできます。 表が大きくなった時にヘッダーとなる行や列を常に表示しておきたいことがあります。このような場合には表示>固定を使用します。 Googleスプレッドシートの使い方講座の第3回は、書式設定(見栄えの調整)です。読みやすい、分かりやすい表にするために、スプレッドシートには書式を設定しましょう。 今回の例では『a2:a』と固定して使っていますが、以下の方法で動的に列のアルファベットを取得して数式に組み込んでも問題なく動作します。 【コピペでok】スプレッドシートの関数で『列のアルファベット』を取得する方法 一番左上までどちらも戻すことで、列も行も固定を解除することができます。, 列や行を固定することでめっちゃ使いやすい&見やすい資料を作ることができるようになりますので、ぜひ使い方をマスターしてください!, 30歳で初めて会社員になりまして、10ヶ月で3回昇進し、200人の社員の中で10番目ぐらいの地位に。, 吹き出しの内容 スプレッドシートの列(または行)を固定して表示したいんだけど・・・. セル幅(行・列)の自動調整に関連する操作については、以下のページをご覧下さい。 操作方法:スプレッドシートにおける基本操作をまとめたページです; 行・列の幅を一括指定して揃える【Googleスプレッドシート】 ExcelやGoogleスプレッドシートで、1画面に収まらない大きな表を扱うときには、見出しの行・列を固定する機能が便利です。両者は似た機能を搭載していますが、決定的に違う点があるので、覚えておき … 実際問題、前節の「行または列を固定する」の最後の図では行と列が共に1列ずつ固定されています。よく見るとウインドウ枠の太めのグレーのラインが、固定されたA列の左と1行目の下にあるのがわかります。そのためスクロールの結果、A1セルの右下がB2セルではなくD7セルになっています。, 表によっては下図のように1行目に表のタイトルなどが入る場合があります。この場合は、2行目に項目名が並びますから、2行目までを固定しないと使い勝手が悪くなります。, このような場合、Googleスプレッドシートでは、メニューバーから「表示」→「固定」→「2行」とクリックすることで1、2行目を固定することができます。, 2行目まで固定されると、2行目のすぐ下に太いウインドウ枠が表示され、1、2行目が固定された状態で3行目以下がスクロールするようになります。, 列についても同様で、Googleスプレッドシートのメニューバーから「表示」→「固定」→「2列」とクリックすることで1、2列目を固定することができます。そうすれば、この図では「購入日」と「品名」を固定して、残りの項目を横スクロールできるようになるのです。, ここまで説明した「1行」「2行」「1列」「2列」の固定方法では、3行以上、3列以上の固定ができません。しかしGoogleスプレッドシートは、そうした要望にもちゃんと対応できる仕組みになっています。 スプレッドシートの行と列を固定する方法 の記事ページです。Googleスプレッドシートハックでは、社会人、ビジネスマンに必要なGoogleスプレッドシートの使い方、活用法方を解説しています。習得すれば必ず今後の人生で役に立つツールであなたもワンオブゼムになろう! 今回は、エクセルでもおなじみな行固定・列固定をスプレッドシートでもやる手順です。 たとえばこんな一覧があったとします。(ってヘッダしかないけど) (クリックで拡大) このヘッダを固定にしてみ … スプレッドシートの列を固定は 表示→固定→1列(or2列or現在の列まで) の順番に進んでいけばOKです。 固定したい列が1列、2列の場合はそれぞれを選択すればOKで … 「表示」>「固定」>「選択の列()まで」の順でクリックしましょう。 「選択の行()まで」をクリックすると固定できる. Googleの スプレッドシート にも、同様に行と列を固定する方法があります。. 今回はGoogleスプレッドシートの行や列を非表示にする方法と、再表示したいときの方法についてのご説明です。エクセルの場合は、 非表示させたい行(列)を選択して右クリック。開いたメニューから「非表示」を選択。 9行から14行が非表示にな Excelを使っているときに、「列幅や行幅など、セルのサイズを変更出来ないように、固定する方法ってどうすればいいんだろう?」と、考えたことはありませんか?そこで、Excelでセルの「列幅」や「行幅」を固定する方法について解説していきます。 これで3列を固定できました。 3列目の右にグレーの太線が入っていれば固定されている. スプレッドシートって便利ですよね!こちらの記事ではスプレッドシートでの列を増やす方法とを紹介しています!ショートカットキーを使ってサクサク列を増やす方法に関してもわかりやすく説明しているので、ぜひ使いこなしてください! 今回はGoogleスプレッドシートの行や列を非表示にする方法と、再表示したいときの方法についてのご説明です。エクセルの場合は、 非表示させたい行(列)を選択して右クリック。開いたメニューから「非表示」を選択。 9行から14行が非表示にな スプレッドシートで「=A1」と入力した数式は、1つ下のセルにコピーすると「=A2」といったように、コピー元とコピー先の位置関係に応じて参照される自動的に内容が変化します。 このような参照関係を『相対参照』と呼びます。 表示→固定→1行(or2行or現在の行まで)の順番に進んでいけばOKです。, もし2行以上の行を固定したい場合は固定したい行(もしくは行の中のセル)を選択し、【現在の行まで】を選択すればOK!, という声が聞こえてきそうですが、聞こえてないフリをさせていただきます! Googleスプレッドシートの『相対参照』について. プルダウンメニューにしっかりと「現在の行まで」「現在の列まで」とあるので、間違えることはほとんどないでしょう。しかし大体の見当で処理すると間違える可能性もあるので、Excelに慣れている人は特に気をつけてください。, ここまではGoogleスプレッドシートのメニューコマンドを使って行と列の固定を行ってきましたが、実はGoogleスプレッドシートでは、マウスひとつで行と列の固定をまとめて行うことが可能です。 行と列の見出し; シートの行や列を固定している場合、チェックボックスをonにすると、固定された行や列を2ページ目以降にも追加して印刷することができます。 ページをまたいで大きな表を印刷する場合などに便利です。 さいごに スプレッドシートの列を固定は 表示→固定→1列(or2列or現在の列まで) の順番に進んでいけばOKです。 固定したい列が1列、2列の場合はそれぞれを選択すればOKです。 固定したい列が3列以上の場合 3 番目の列を選択します。 [表示]、[ウィンドウ枠の固定]、[ウィンドウ枠の固定] の順に選択します。 列および行を固定する 列 a と列 b の間に表示される薄い線は、先頭列が固定されていることを示します。 先頭の 2 列を固定する. 行や列を固定すると、スクロールしても特定のデータを常に同じ場所に表示できます。 パソコンの Google スプレッドシートで、スプレッドシートを開きます。 固定または固定解除する行や列を選択します。 行や列の固定、固定解除. 固定したい列が1列、2列の場合はそれぞれを選択すればOKです。, もし3列以上の列を選択したい場合は固定したい列(もしくは列の中のセル)を選択し、【現在の列まで】を選択すればOK!, 行を固定する方法も列の固定と同様です。 「表示」→「固定」→「行数を選択」 ヘッダーの1行だけで良かったので「1行」を選択しました。 54行目を表示してもヘッダーが表示されているのが分かります。 今回は、普段なんとなく使っている絶対参照と相対参照の意味と使い方について確認しつつ、絶対参照を使って表を効率的に作る方法をご紹介します。 早速ですが、前回のブログでご紹介した表をご覧ください。 この表のセル b2 には下記の数式が入っています。 スプレッドシートって便利ですよね!こちらの記事ではスプレッドシートでの列を増やす方法とを紹介しています!ショートカットキーを使ってサクサク列を増やす方法に関してもわかりやすく説明しているので、ぜひ使いこなしてください! エクセル「ウィンドウ枠の固定」は「行の固定」「列の固定」「行と列固定」 の3種類あります。 ①行または列を固定するとき、セルを選択する必要はありません。任意のセルでOKです。 ②行と列を固定するとき、セルを選択する必要があります。 行や列を固定する. シート内の任意の数の行および列を固定して、スクロール不可能な状態にできます。上端の行(先頭行)、または左端の列(先頭列)を、任意の行数または列数だけ固定できます。また、シート下端の行(末尾行)または右端の列(末尾列)を、任意の数または列数だけ固定できます。 これを利用するためには、A1セルの左上の太いグレーのウインドウ枠を使います。このウインドウ枠をマウスで掴むと色がグレーからライトブルーに変わりますので、これを固定したい行の下、または列の右までドラッグ&ドロップします。, 一度移動したウインドウ枠であっても、何度でも移動し直すことができます。慣れればメニューコマンドを使うよりもずっと簡単で便利に、行・列固定のために使えるようになります。, Googleスプレッドシートは、PCやMacだけではなくスマホやタブレットでもアプリ経由で利用できます。Webアプリに比べた場合、スマホやタブレットのアプリにはフィルタが使えないなどの大きな差違があるものの、行や列の固定は問題なく行うことができます。, スマホのGoogleスプレッドシートアプリで行や列を固定する場合は、まず固定したい行や列をタップします。行や列が選択されたら、選択範囲内のセルをもう一度タップします。, すると行や列のコマンドがポップアップしますので、その中から「×列を固定」を選択します。もし目的のメニュー項目が表示されない場合は、右端の「▶」をタップしてメニューページを切り替えてください。, 以上の例はiPhoneのものですが、Androidでもメニュー表示が若干異なるものの同じような手順で行や列の固定が可能です。, Googleスプレッドシートで固定した行や列ですが、表を提出する際に固定を解除しなければならない場合もあります。そんなときの手順を以下で説明します。, 行・列固定の解除の場合、アクティブセルの位置はどこにあってもかまいません。まずは下図の1行目の固定を解除する場合です。, Googleスプレッドシートのメニューから「表示」→「固定」→「行なし」をクリックします。, すると、Googleスプレッドシートの行固定が解除されます。列固定を解除する場合も、同様にGoogleスプレッドシートのメニューから「表示」→「固定」→「列なし」をクリックするだけです。, また、マウスを使っての行・列固定の解除も可能です。「ウインドウ枠をドラッグして行と列を固定する」で説明したのと逆の順序で、ウインドウ枠をドラッグ&ドロップで1行目の上や1列目の左に持っていけば、行・列固定は解除されます。, 行・列固定の解除は、スマホやタブレットのGoogleスプレッドシートアプリでも可能です。 Googleスプレッドシートでは、メニューバーから「表示」→「固定」→「1行」とクリックすることで1行目を固定することができます。, 1行目が固定されると、1行目のすぐ下に太いウインドウ枠が表示され、1行目が固定された状態で2行目以下がスクロールするようになります。, 同様に、Googleスプレッドシートのメニューバーから「表示」→「固定」→「1列」とクリックすることで1列目を固定することができます。, 1列目が固定されると、1列目のすぐ右に太いウインドウ枠が表示され、1列目が固定された状態で2列目以降が横スクロールするようになります。, 以上で、Googleスプレッドシートで行と列を固定する基本操作はおわかりいただけたはずです。, 行だけ、あるいは列だけを固定しても、Googleスプレッドシートはかなり扱いやすくなりますが、行と列を両方とも固定すると、さらに便利に使えます。行と列の両方を固定するには、片方ずつを固定していくだけで済みます。 スプレッドシートのウィンドウ枠の固定をしたい【行・列】. ExcelやGoogleスプレッドシートで、1画面に収まらない大きな表を扱うときには、見出しの行・列を固定する機能が便利です。両者は似た機能を搭載していますが、決定的に違う点があるので、覚えておき … GoogleスプレッドシートをPCで使用している場合の2行固定の方法は、1行固定の方法と同様です。2行固定するということは、 1行目から2行目までを固定する という意味になります。 ではGoogleスプレッドシートのメニュで、「表示」「固定」「2行」をクリックします。 たとえば下図のC6セルがあるC列、つまり3列目までを固定したい場合を考えます。, このような場合、Googleスプレッドシートでは、メニューバーから「表示」→「固定」→「現在の列まで」とクリックすることでC列目までを固定することができます。, その結果、下図のように、固定されたC列の右にウインドウ枠が設定され、4列目のD列以降がスクロール対象となります。, この際注意して欲しいのは、同じようなコマンドでありながら、Excelではアクティブセルの位置からがスクロール対象となるのに対し、Googleスプレッドシートではアクティブセルの位置までが固定範囲になることです。