copyrightⓒ 2020 RYUGAKU TIMES Inc. All rights reserved. AFSは世界で最初に高校生留学を始めた団体で、本部はニューヨークにあります。現在、AFSの加盟国は約60か国、交流国は100か国以上、英語圏以外でも30か国以上に留学できます。AFSのモットーは「高校生の異文化体験」で、ほとんどすべてのスタッフがボランティアです。収益目的の留学団体ではないので、費用も比較的安いです。 高校生が海外留学をする場合、まだ将来の希望進路がしっかり定まっていない状態であることも多いため、短期留学が主流になっています。 そして、高校生の短期留学には大きく分けると2~4週間の体験留学、または1~3カ月程度の2種類があります。 高校留学後の進路. 益々国際化が進む現在、外国や外国語は非常に身近な存在となり、日本からも毎年留学生、ワーキングホリデー生が大挙して海外に出ています。真の国際人を目指すには、頭の柔らかい高校時代の海外生活経験が必要です。チャンスは高校生である今です! 夏休みや冬休みなどの長期休みを使ってさまざまな国籍の生徒が集い、インターナショナルな環境で英語を学んでみませんか?高校生が一人で安心して参加できるよう、語学や生活面でのサポート体制も整っており、充実した留学を送ることができます。英語学習だけでなく、ボランティアや地域の人たちとの交流を深め、文化の違いへの理解など、グローバルな視野を広げることを目指します。, 基本的に「春・夏・冬休み」を利用した、ジュニア留学プログラムが人気です。 「外国人の友達を作りたい」「英語がもっとうまく話せるようになりたい」「将来大学留学したいから、その準備に」と、留学の目的によって様々なスタイルが考えられます。柔軟で多感な時期に海外で過ごすことは、将来の自分にとても大きな糧となるはずです。, 異なる文化や価値観に触れるため、1年間オーストラリアの高校へ留学  続きをみる, ※官民協働の返済不要の奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラムや、地方自治体の奨学金への応募を検討する場合は、応募期間など早めにスケジュール確認を。, 高校生の留学は、夏休みや春休みを利用して語学を学ぶ「語学留学」と、高校生活自体を海外の高校で過ごす「高校留学」がある。 どのような種類の高校留学であっても、終了後は様々な進路が広がります。 • 日本国内有名大学 • 海外大学への進学. いずれ返さなければいけないので、しっかり計画を立てて留学しましょう。, 16歳から留学可能です。外資系企業が集まるITパークまたは、海風を感じるシーフロントに校舎があります。 留学費用を抑えたい!物価の安いオススメの国はどこ? 留学費用は、授業料・滞在費・生活費などを含め、年間300~500万円ほどかかる とも言われています。 海外で勉強するにはさまざまな留学スタイルがありますが、交換留学であれば、日本の教育機関に在籍しながら海外の教育機関に留学が可能です。とはいえ、具体的に交換留学がどのようなものなのかは、わかりにくいですよね。そこで今回は交換留学、特に費用について解説したいと思います。 カナダ公立私立中学留学・高校留学プログラムの概要についてご紹介いたします。aise国際交流センターでは、交換留学に役立つ豊富な情報を提供しています。中学、高校在学中での留学をご検討の皆様は是非ご覧くださいませ。学生はもちろんのこと保護者様や学校関係者様のサポートします。 留学をしたいと思った時、一番のネックになるのは費用面なのではないでしょうか。 事前に必要な金額を知ることで、資金をためる際の目標額が明確になり、留学までの時期も逆算できるようになります。 今回の記事では、人気の留学先を厳選し、学 高校留学の利点は、年齢的に早い段階で英語を習うことでよりナチュラルな英語が身につきやすいこと、また、海外で学ぶことで自立性が強くなることがあげられます。 小学生、中学生、高校生留学の他、大学生や社会人、シニア留学まで皆様をサポートいたします。ネクシスジャパンは250校以上の海外語学学校の現地視察実績を活かし、各世代別の英語研修&アクティビティ、ボランティア留学といった目的に応じたコースをご紹介いたします! 高校生・10代の年間留学プログラム 10代留学で世界が広がる!感受性豊かな10代での異文化体験が、異なる文化への理解とグローバルな視点を育てます。世界の人々と出会い、つながり、友情を育もう! 海外で英語を学びたいと思ったものの、調べてみたら語学留学は相応のお金がかかることが分かります。安い費用で行ける国や格安の学校はないものか。このページでは安い語学留学を探し、どんなものがあるか調べてみました。 他の国からの留学生は年間1500ユーロ(日本円で20万円)程度です。 10.スロベニア. ここまで高校生が留学することのメリットを述べてきましたが、デメリットも存在します。一つずつ詳しくみていきましょう。 留学費用がかかる. 最近では高校生がアメリカ留学することが身近になってきました。多感な高校時代をアメリカで有意義に過ごしてみたいと本気で願う子供の姿を見れば、その夢を実現させてあげたいと思うのが親心というもの。ここでは高校留学にかかる費用についてご紹介しています。 日本ではあまり聞かない国ですが、ここも授業料は安いです。 ポーランド同様、スロベニアも生活費が安く、且つ学費も安いためコストを抑えるのにはもってこいの国です。 高校留学についてスケジュールや費用や節約術など役立つ情報が満載。16か国以上の高校留学情報からあなたにおすすめの留学エージェント、高校留学プログラムを留学くらべ~るで探してみてください! 短期留学・語学留学、海外インターンシップ、など単位取得を伴わない留学や、海外大学・大学院への進学など、高校生、大学生の留学数は年々増加しています。文部科学省が展開する「トビタテ!留学japan」は、日本の若者の海外留学への気運を醸成する官民協働の留学促進キャンペーンです。 海外へ留学したい、ホームステイをしてみたい、 海外で生活したみたい! と思う方の多くが英語が喋れるようになりたい。 と思って留学を考えると思います。 ですから、良く頂く質問は 【英語が喋れないからホームステイができないですか?】 【自分の英語力ではチャレンジできるのか不安。。。。。】 など、英語に関するものが多くあります。 確かに英語も大切だと思いますが、 今までに1000名以上の中高生の留学を見てきた経験を踏まえ、 敢えて誤解を恐れず伝えさせて頂きますと、 本質は、英語力では … 英語の語学留学を格安で実現するなら、常夏の島国フィリピンがおすすめです。陽気な会話を好み、歌うことが大好きな国フィリピンではタガログ語を第一言語とするものの、小学校から英語で学び、英語で授業を受けるため、英語を上手に話します。 アメリカ、カナダ、イギリスのように英語圏の国であるイメージはやや低いですが、世界の中でも英語を最も話す国としての第3位と言われているんですよ!国内の初等、中等、高等教育を通して英語を使うことため、フィリピンは立派な英語圏だと言えます … 一昔前は、中学・高校留学と言えば国や企業支援団体による一部の人がされているものでしたが、最近では中学・高校留学に対する情報や知識が広まりつつある事から、将来を見据えてより早い段階から海外留学を視野に入れる中・高生が増えています。 シーフロントを詳しく見る, 16歳から留学可能です。江南のアックジョンエリアに位置しているので放課後も楽しめます。, 日本から近い定番リゾート地として有名なハワイの語学学校です。気候も治安も良いので初心者でも安心して留学できます。また、学生の休みを利用したジュニアプログラムが人気です。, 「先生宅ホームステイ」という、先生の家で語学を学ぶスタイルで有名な学校ですが、夏に学生を集めてアクティビティと勉強を楽しむサマープログラムにも力を入れています。, 現地校体験入学プログラムやサマープログラムなど、高校生が楽しめるコースがあります。学校施設と寮に24時間体制で日本人スタッフが常勤しています。, 留学タイムズは、創業以来20年で3万人以上の留学生のサポートをしてきました。カウンセリングを十分にすることなく留学された場合に、「思っていた留学内容ではなかった」「留学先で期待していたことが果たされなかった」「留学する前にしっかり話を聞いておきたかった」というお声をいただくことが多いです。そのため、留学前に「留学する目的」や「留学したい国や都市」「留学したい期間や予算」など詳しくヒアリングをさせていただき、その方に最適な留学プランをいっしょに作ることをとても大事にしております。皆様に「最高の留学体験」をしていただくためにも、ぜひ留学をご検討の方(特に初めてのご留学の方)は一度無料カウンセリングを受けられることをおすすめいたします。, アメリカ留学 / オーストラリア留学 / カナダ留学 / ニュージーランド留学 / フィリピン留学 / イギリス留学 / マルタ留学 / シンガポール留学 / スペイン留学 / アイルランド留学 / ドイツ留学 / フランス留学 / イタリア留学 / オーストリア留学 / ロシア留学 / 韓国留学 / タイ留学 / マレーシア留学 / インド留学 / 中国留学 / スリランカ留学 / メキシコ留学 / アルゼンチン留学 / ペルー留学 / チリ留学 / エクアドル留学 / コスタリカ留学 / アラブ首長国連邦(UAE)留学 / 南アフリカ共和国留学 / ジャマイカ留学, 北アメリカ(北米)へ留学 / ヨーロッパ(欧州)へ留学 / アジアへ留学 / オセアニアへ留学 / 中南米へ留学 / アフリカ・中東へ留学, サンディエゴ留学 / サンフランシスコ留学 / シアトル留学 / シカゴ留学 / ポートランド留学 / ニューヨーク留学 / ハワイ・ホノルル留学 / ボストン留学 / ロサンゼルス(LA)留学 / バンクーバー留学 / モントリオール留学 / ロンドン留学 / オックスフォード留学 / パリ留学 / ウィーン留学 / 上海留学 / 香港留学 / 北京留学 / ゴールドコースト留学 / パース留学 / ブリスベン留学 / メルボルン留学 / オークランド留学 / ドバイ留学 / ワシントン留学 / トロント留学 / ミュンヘン留学 / ベルリン留学 / モスクワ留学 / セブ島留学 / ケアンズ留学 / シドニー留学, 語学留学 / 英語留学 / ビジネス語学留学 / TOEIC対策留学 / 親子留学 / 語学試験対策 / 50歳以上シニア留学 / 大学進学留学 / おけいこ・習い事留学 / ワーキングホリデー / インターンシップ留学 / ボランティア留学 / 専門スキルアップ留学 / 先生宅ホームステイ / ジュニア留学 / 長期留学 / TOEFL対策留学 / GRE対策留学 / 短期留学(プチ留学) / 中学生留学 / 高校生留学 / 大学生留学 / 大学院生留学 / サマースクール / 休学・認定留学 / ホームステイ留学 / ファームステイ留学 / オーペアナニー・デミペアナニー / 看護・医療留学 / 日本語教師アシスタント / エンジニア・プログラミング・IT留学 / 資格取得留学 / スポーツ留学 / 料理留学 / 音楽・声楽留学 / ゴルフ留学 / フラワーアレンジメント留学 / エステ・マッサージ留学 / アート・デザイン・写真留学 / サーフィン・ダイビング留学 / バレェ・ダンス留学 / メイク・ファッション留学 / IELTS対策留学 / マンツーマン・プライベートレッスン留学 / 英語・語学教師養成留学 / 30歳以上向け留学 / 進学準備留学 / ケンブリッジ英検対策 / バリスタ留学 / ホスピタリティ留学, アメリカの留学体験談 / カナダの留学体験談 / オーストラリアの留学体験談 / ニュージーランドの留学体験談 / イギリスの留学体験談 / マルタの留学体験談 / 南アフリカ共和国の留学体験談 / フィリピンの留学体験談 / マレーシアの留学体験談 / フランスの留学体験談 / イタリアの留学体験談 / スペインの留学体験談 / 夏のジュニア体験レポート / FLS視察レポート / ニューヨーク語学学校視察レポート, 留学の基礎知識 / 海外留学保険の選び方 / 海外で使えるデビットカードの選び方 / オンライン英会話の選び方 / 海外ポケットWi-Fiの選び方 / 海外スマホの選び方 / 英会話スクールの選び方 / 海外SIMカードの選び方 / 海外留学の際のクレジットカードの選び方, ENGLISH MAG / キャリアパーク / マネット / マネットFX / 就活の未来 / 留学マスター / English Media, 【随時更新】新型コロナウイルスに関する各国の留学渡航・語学学校に関する最新情報について. 高校生が高校時代にできる留学について案内します。夏休みや春休みを利用した短期留学で、語学を学ぶ「語学留学」と、引率がつく「団体ツアー」、高校生活自体を現地の高校で過ごす「高校留学」などの留学プランやスケジュール、体験談などを紹介しています。 年間利用者5,000人以上!語学学校の「空き時間」「空き場所」を利用し、留学費用を従来の最大半額で実現したスマートな留学スタイル。クオリティそのままに、費用はリーズナブルに。「留学をもっと身近にしたい」そんな想いからスマ留は立ち上がりました。 高校生向けの留学情報を発信しています。文部科学省が展開する「トビタテ!留学japan」は、日本の若者の海外留学への気運を醸成する官民協働の留学促進キャンペーンです。 また、アクティビティが豊富なジュニアプログラムはもっと値段が高いです。, ホームステイは現地の文化を学びながら滞在できます。寮は色々な国の友人を作るのに適しています。長期で滞在される場合、はじめはホームステイ滞在をされてその国の文化を学んだ後、寮に移る方法もあります。, 返済義務があるものとない奨学金があります。返済義務のない奨学金は、条件も厳しいため、ほとんどの方が返済義務のある奨学金を使って留学します。 留学生に対しては、国内・国外それぞれ特別な入試枠が準備されており、難関大学へのチャレンジが可能です。 留学前から留学中まで、高校生のみなさんをしっかりサポートします。, 「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。, 留学ジャーナルが留学を少しでも考えているあなたに提供できること 留学前:無料カウンセリング、申込手続き、滞在先手配、出発前ガイダンス、他。留学中:緊急時24時間無料電話相談、生活相談/進路相談、現地サポート。留学後:キャリアサポート、OBの交流、他。, 個別相談はもちろん、体験談や資料の閲覧だけでもOKです!平日の夜や土曜日などに無料の留学セミナーも開催しています。お気軽にお越しください。, 「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」までお気軽にご相談ください!オンライン相談もできます, 本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階 ※フィリピン以外はすべてホームステイ一人部屋です。寮やアパートメント滞在に変更した場合は、更に安くなります。 このサイトに関するお問い合わせは e-mail:rj-webmaster@ryugaku.co.jp. 高校留学しておきたかった思う. NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員 高校生が留学するデメリット. 夏休みや冬休みなどの長期休みを使ってさまざまな国籍の生徒が集い、インターナショナルな環境で英語を学んでみませんか?高校生が一人で安心して参加できるよう、語学や生活面でのサポート体制も整っており、充実した留学を送ることができます。 「高校留学に行きたいけど、どのくらいの費用がかかるんだろう・・・?」 そんな風に思われている人は多いと思います。そこで今回は、高校留学をする際に必要となる費用の種類と具体的な費用の例をまとめてみました! 目次 1 高校留学に必要な費用2 お また、語学留学には個人で参加するタイプと、 グループツアー(団体語学研修)に参加する2つのタイプにわかれる。, 海外の語学学校にひとりで留学。夏休みや春休みを利用して行きたい国や都市から学校を選ぶことが可能。滞在はホームステイまたは寮から選ぶことができる。, 夏休みや春休みに中学生・高校生を対象に行うグループツアー。ツアー内容から選ぶことができる。出発から帰国まで引率者がサポートするので安心。, 海外の高校で、現地の高校生たちと同じ授業を受ける。異文化体験のための留学と卒業目的の留学がある。, 海外の大学入学は書類重視。高校時代をどのように過ごしてきたかなど、個性や将来性も評価される。海外の大学を目指すなら、今から何をしておくとよいかを理解して、有意義な高校生活を送ることが大切。, 高校時代の留学といってもできることはさまざま。希望する期間や国、種類についてまずは知ることから始めよう。, 語学習得や国際交流を目的とした春休み・夏休みの短期留学と、現地の高校に入学する高校留学がある。短期留学には、個人で行くものと、引率がつくグループツアーがあり、目的によって選ぶことができる。高校留学は、卒業を目的とした留学だけでなく、1年間だけの留学もできる。, まずは情報収集から始めよう。留学ジャーナルでは留学種類別に無料のパンフレットを用意しているので、資料を見た後に、留学カウンセリングを受けてみよう。, 留学ジャーナルには現地サポートオフィスや、日本語で電話相談ができるサポートサービスを提供。また、グループツアーであれば、留学ジャーナルのスタッフや添乗員が同行してサポートするので、初めての海外でも安心。, 語学学校では、レベルごとにクラス分けされ、自分にあったクラスで学べるので安心。高校留学でも、最初に準備コースに入り、現地の授業についていけるだけの英語力を磨いてから入学するので無理なく学べる。, 高校留学の生活費などを含む総費用の目安は1年間で310万~320万円。春休みや夏休みを利用したグループツアーは約1~3週間で約35~60万円、ひとりで行く短期留学は1週間~3ヵ月で約30~100万円。時期や期間、留学する国などによって違いがある。, 語学学校や、現地の高校に通う。語学学校には高校生向けコースが、高校留学の場合は準備コースがあるので、年齢やレベルにあわせた環境で学ぶことができる。, 語学学校では、会話、聞き取り、文法などの基礎を強化する授業に加えて、選択科目やアクティビティが組み込まれているのが一般的。 また、グループツアーでは、バディ宅に滞在し、バディが通う現地校に一緒に通い学べるコースもある。, ホームステイは現地の生活にすぐに溶け込み、早い英語力の上達が期待できる。寮は自立した環境で、世界各国の友人とともに共同生活となる。メリット・デメリットを考え、自分にあった滞在方法を選ぼう。, 第1期より実績あり。応募してみたいけどどのような留学をすればいいかわからないという方はまずは気軽に相談してみよう。, 政府が官民協働で取り組む返済不要の奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」日本代表プログラム。, 留学ジャーナルは、日本のご家族、現地サポートオフィスのスタッフと密に連携を取りながら、 一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員 カナダ高校留学. 高校生の留学で利用できる奨学金とは?奨学金制度を紹介! 留学費用として使用できる奨学金(「助成金」と記されている場合もあります)には、支給元が大きく分けて「公的機関」「地方自治体」「民間団体」「現地学校」とあります。 高校時代の1年間を海外で過ごす留学には「交換留学」と「1年間の私費留学」という2種類があります。同じ留学でも、その目的やシステム、内容が異なります。今回はその2種類のプログラムに関して、高校での留学に絞って説明をします。 参考図書)中・高校生の留学 地球の歩き方成功する留学(アルク) 4. 観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者 ジュニアプログラムは、英語学習とその国の文化を堪能できるアクティビティを楽しめる内容で、同世代の色々な国の友人を作れる環境です。, また、高校生でも主に大人が受講する一般語学コースに参加できる語学学校も多くあります。高校生が混ざるのは難しいのではないかと、不安に思われる方もいらっしゃいますが、レベル分けテストがあるので、自分に合ったクラスで授業を受けられます。ご安心ください。また、日本人スタッフがいる語学学校も数多くあります。, 早い段階で語学を習得し、色々な国の情報を仕入れることで、将来の選択肢が一気に広がります。また、日本では当たり前と思っていたことがそうではないと学び、視野を広げられます。それはとても重要なことです。, 日本人としか、ほとんど話さなければ、いつまで経っても上達しません。はじめは勇気がいるかもしれませんが、積極的に声をかけてみましょう。「きちんとした文法で話せない…」と不安に思って口ごもってしまう方もいますが、気にせず話すことが重要です。話しながら、色々覚えてきましょう。, 直行便がある、アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスがオススメですが、近年マルタも人気があります。マルタへ行くには一度乗り換えをしなければいけませんが、治安が良い国です。安くマンツーマンレッスンを受けたい場合は、フィリピンがオススメです。, 学費(一般語学コース)+滞在費+食費を込みの値段が大体下記の通りです。 「海外留学にいきたいけど、いきなり海外渡航は不安」「単独での渡航は治安が気になる」「オススメの国内留学スクールがわからない」このようなお悩みを全て解決します。料金が安い国内留学施設もご紹介。高校生の親御さん目線での悩みにもお答えします。 Copyright(C)2021 RYUGAKU JOURNAL, Inc All rights reserved.