楽天イーグルス. 今回は2020年の中日戦力外候補を予想したいと思います!中日は長いbクラス、低迷から危機感を覚え2017年以降は高卒指名と育成にシフトし、有望な若手で溢れ返っています。また、根尾昂や石川昂弥選手をドラフト1位で獲得するなど大型高卒選手を2年 西岡剛の移籍先は-トライアウトか、古巣ロッテ復帰か. 去年も予想したが今年は後の無い戦力外になりそう 八木亮祐(26) 2008年ドラフト2位(ヤクルト) 今季 出場無し 通算 56試合 11勝22敗2h防御率4.25 287.2投球回 224奪三振 2完投1完封1無四球 全盛期:2013年 26試合 5勝13敗防御率4.44 152回 122奪三振 1完投1完封1無四球 出場機会を伸ばすことが出来ません。, 機動力もあるライオンズでは、代走、守備要員のニーズが低くなってますから、それらを必要とする他球団での活躍は見込めると思います。, 来日1年目には本塁打王にも輝いたスラッガーでしたが、2018年は自己ワーストの成績にとどまり本塁打もわずか9本と山賊打線の一員となることが出来ませんでした。, 2019年もここまで成績不振ですから、2020年以降の契約がどうなるか気になりますね。, 2018年は自己最多の10試合に登板するなど、リリーフ、先発として経験を積みました。, まだ若い選手ですから、他球団で飛躍する可能性もありますから今はとにかく腐らずに投球の精度を磨いていきたいですね。, しかし、2019年は12年目でようやくプロ初ヒットを放つなど、4年ぶりの一軍出場でようやく1本出ました。, ただ、チームとしては森選手が成長し第2捕手として岡田選手もいますから戦力外となる可能性が高いですね。, 野上投手のFAの人的補償で巨人から入団しましたが、2018年は自己最少の8試合登板にとどまりました。, このまま戦力外となる可能性が高いですが、まだ30歳ですからトライアウトで結果を残しなんとか現役を続けたいですね。, 2016年には50試合に登板するなど、貴重なリリーフ左腕としてブルペンを支えてきましたが、2018年は22試合にとどまりシーズンを通して貢献できませんでした。, 2019年もここまで目立った成績を残せておらず、このままでは戦力外となりそうですね。, 西武の二遊間は外崎選手、源田選手と打率も残せる堅守の2人ですから争いに割って入るのも難しく、戦力外となる可能性が高いですね。, 2018年はプロ入り後最少の25試合にとどまりましたが、与えられた役割をこなし一軍に帯同しました。, 外野手登録ではありますが、内野手の複数ポジションも守ることができるユーティリティプレイヤーとして長く活躍したいところですが、打撃面が伸びず戦力としては厳しいでしょうか。, プロ9年目で通算0本塁打と貧打の選手ですから、打力を売りにしているチームにとっては戦力外となりやすい選手ですよね。, 代走や守備固めのスペシャリストとして一軍に帯同し続け、2018年はスタメン出場も増えました。, 斉藤選手のような俊足堅守の外野手は他球団にも多いことから、新しいチームでプレーするのも難しいと考えられますが、最終的には地元の西武でスタッフとして貢献して欲しいですね。, 二軍捕手は綱島選手と駒月選手、そして中田選手がいますが、いずれも戦力外となる可能性も高くもしかするともう1年、捕手として現役を続ける可能性もあるでしょう。, 2017年に外野手から捕手に転向し、強肩を生かしたスローイングも光る選手で、2019年に一軍初出場を掴みました。, 西武の正捕手はしばらく森選手の時代が続くでしょうから、戦力外になると考えられますね。, 2014,2015年は2連連続で60試合以上に登板し、一度は日の丸を背負った投手ですが、度重なる故障で育成契約となりました。, 2015,2016は60試合以上登板とチームに欠かせない存在でしたが、2018年は防御率6点台と不安定でした。, 2度の最多勝を獲得した経験豊富な投球で西武の先発争いに加わるかと思いましたが、怪我で一軍マウンドに立てていません。, という覚悟を持っているでしょうが、このまま復帰が難しいのではあれば戦力外となってもおかしくはありません。, というわけで、埼玉西武ライオンズの戦力外候補・引退予想2019-2020をお伝えしました。, 西武は毎年FA等で戦力を流出していて、それでも新戦力が台頭し強いチームを作り上げています。, 2019シーズンもここまで、ルーキーを中心に若い新戦力が躍動し、上位に食らいついていますね。, また、期待されながらも怪我に見舞われる投手など、いつまでも開花を待つわけにはいかないチーム状況もありますからオフには大幅なチーム改編も見込めますね。. 第一次戦力外通告が始まりましたね。阪神は星野政権以来の大幅の血の入れ替えがされようとしています。ドラフトで8人選手を取った事から、チームの若返りを果たそうとする首脳陣の本気が窺えますが、まだ戦力外となりそうな選手も控えています。 今回は2020年~2021年、中日のトレード予想や噂の交換要員について見ていきたいと思います!近年プロ野球は現役ドラフトの実施について議論が盛んになった影響か、積極的なトレードが目立っています。中日も助っ人のモヤ選手を親心でオリックスにトレ 引用元:マリーンズちゃんねる 現実を悲観しても進歩はない。ポジティブな考えに切り替えてみて、次の西岡選手の移籍先はどこになるのか。一般的な流れではトライアウトを … 2020年、日本シリーズにおける巨人・パシフィックリーグ王者の先発ローテ、スタメンの予想を行いたいと思います! 今年はコロナ禍によりセ・リーグ覇者である巨人はCSを介さず日本シリーズへ進出となりましたがパ・リーグは1位、2位チームがC... 今回は巨人の2軍に眠る将来有望な、次期主力たちをご紹介したいと思います! 3軍制を敷いた事でさらに活きの良い若手選手が増えましたが 早くて2021年ブレイク期待の若手選手たちをご紹介していきます! この記事は新たに... こんにちわ貴浩です! 今回は巨人・野上亮磨投手についての考察です! 国内FAにより西武から巨人へと移籍してきた野上投手ですが、3年契約も今年で切れるという事で、戦力外の噂が流れています。 当初は6回を3、4失点でまとめゲー... 今回は巨人、山本泰寛選手についてのお話です! 今年、巨人は大量の解雇を示唆しており、27歳の山本選手はアピールポイントが薄い事から戦力外の可能性が出てきています。 しかし打撃好調時は下位打線を支える良いバッティングを見せ、セカン... 今回は巨人の助っ人、ヘラルド・パーラ選手の去就についてのお話です! バリバリのメジャーリーガーという触れ込みで入団したパーラ選手ですが練習試合、オープン戦では結果が出なかったものの開幕早々にホームランを放つなど活躍を見せましたが ... 今回は巨人のゼラス・ウィーラー選手の去就についてのお話です! ウィーラー選手は2020年トレードで途中加入した助っ人で、主力が不調の中、見事な活躍を見せましたが徐々にスタメン機会が減り、代打での起用が増えました。 年俸2億という... 巨人、陽岱鋼の戦力外・退団濃厚の噂についてやトレードについて考察!2017年からFA権を行使し、巨人に移籍した陽選手ですが、現状は厳しく2020年は原監督から一塁の練習を求められるなど一塁コンバートで窮する立場が浮き上がりました。陽選手はF. 今回は巨人、亀井善行選手の怪我からの復帰時期について見ていこうと思います! 9月21日の広島戦で左足を負傷し、抹消となりましたが日本シリーズを控えていますし現在の動向や近況については気になるところ。 原監督は軽症を訴えていますが... 【巨人】2020〜2021年 FA、新外国人補強を大予想!山田・増田・ソト両獲りの可能性は?, 今回は巨人2020年、2021年オフの補強を予想したいと思います!今年のFA戦線はかなり騒がせそうな予感がします。というのも、名だたる選手たちがFA権を獲得、とくにヤクルトスワローズの山田哲人選手は巨人の大本命。山田選手はメジャー移籍の可能. a.キャンデラリオ(投手)35歳 戦力外 岩尾 利弘(投手) 30歳 佐藤 勇(投手) 23歳 上本 達之(捕手) 36歳 木村 昇吾(内野) 37歳 鬼崎 裕司(内野) 34歳 渡辺 直人(内野) 36歳 大崎 雄太朗(外野) 32歳. 2020年、読売ジャイアンツ・巨人の戦力外候補や引退する選手についての予想・考察!, 2軍には非常に期待の高い若手もおり実績のない20代後半の選手や中堅は切られそうですが, 支配下選手の解雇はまだ少ないので次がありそうですが、果たしてどのような選手の名前が挙がるのか。, 2018年から巨人で入団した野上投手ですが中々勝ち星を挙げられず不振に喘いでいます。, 復帰後も2軍で炎上するなど厳しい見方をされる事が多く、戦力外の候補として名前が挙がっています。, どちらかと言えば減額制限を大幅に超える減俸で契約を結び続投するのではないかなと思いますが、しかし首脳陣は大量解雇を宣告しており, 主に中継ぎとしてプレーし、2016年には14H、18HPを記録するなど勝ちパターンの一角として活躍しましたが以降は不振に陥っています。, 今年は1軍での出場から遠のき、2軍でも防御率5点台をマークするなど状態は下火になっており年齢的にも戦力外となりそうです。, 田中豊樹二軍落ちはもちろん戦力外あるわこれ pic.twitter.com/aUSm3RJmK5, — プロ野球有識者チーム山本泰寛 (@t_s_gene1998) September 17, 2020, 日本ハムを戦力外になり、今年2軍で好投し、巨人の育成能力を見せつけるかと思いましたが、1軍での登板は徐々にビハインドや敗戦処理に落ち着き, 主にセカンドの守備を主戦場にしており、打撃にムラはあるものの守備は上手くセカンド争いに加わっていましたが、吉川、若林、田中らに加えて北村選手なども現れさらにセカンド争いは激化し, 支配下枠が70人とギリギリなので、山本選手を戦力外にする可能性は低くなさそうです。, 外国人も育てるという方針ですが、巨人は助っ人枠にレギュラークラスの選手がメルセデス、デラロサしかいない事から, オープン戦や練習試合ではなかなか結果が出ていなかったものの、開幕の阪神戦ではホームランを早々に放つなど活躍。, 中距離打者として非常に確率の高い打撃で下位打線に厚みを持たせましたが、怪我の影響もあり試合にあまり出られていません。, また、年俸も2億7000万と高給取りである事からコストパフォーマンスも悪いので来季、契約を結ばないのかなと思います。, チームに活気を与えるムードメーカーで良い選手ですが、2億という高額年俸がネックとなりそうですし守備も衰えが見えますから, 手薄な左の中継ぎ枠として期待されるも決め球がなく昨年は一度も1軍出場できずシーズン終了。, 今年はオープン戦で無失点に抑えるなどアピールしていますが、年齢的にこれ以上の期待は禁物で, 長らく期待されてきた投手ですが、今年は良い結果を残さなければ厳しい評価が待っていそうです。, 一昨年は29試合で防御率1.97と戦力になっていましたが昨年の日本シリーズ40人枠から外れ, 名の知れた投手で、一昨年の成績は良い事からトレードの可能性もありますが受け入れ先がないようだと成績次第で戦力外の可能性は高そうです。, — チーム山本泰寛Forever (@yyamamoto56) August 30, 2020, 2016年オフにFA権を行使して巨人に移籍し、5年総額15億という破格の契約を結びました。, しかし2019年までの3年間、年俸3億に見合う数字は出せておらず、外野も若手が台頭するなどして居場所がないのが現状。, 2020年からは一塁の練習にも取り組んでいますがスタメンではなくオプションを増やすための便利屋扱いで, まだ契約は後2年残っているものの、契約最終年の選択権は球団が持っているので今年結果が出せなければ年内にチームを去る事になるかもしれません。, 育成出身の捕手で、配球やブロッキング、肩、バッティング全てにおいて均一のバランス型の選手。, 年齢的に小林、大城選手と近いので、アピールポイントが尖っていないので正捕手争いに加わるのは厳しそうです。, 2軍で若手捕手の育成係の可能性も考えましたが2軍監督は阿部慎之介なのでその可能性も低そうです。, 2016年にトレードでやってきた石川選手は移籍1年目はキャリアハイとなる99試合に出場し, ここ最近では戦力外候補だった立岡選手が1軍で結果を出している事から立場が逆転しており、危機感を募らせるシーズンとなっています。, 安打製造機として期待され、2015年には103安打を放つなど活躍を見せましたが2016年は左脇腹を痛め, 51試合の出場に留まると、その翌年FAで陽岱鋼の加入、トレードで石川選手の移籍など外野は激戦区となり試合数は徐々に減っていきました。, また山下航汰選手を筆頭に、加藤、松原選手らなど有望な若手外野手は豊富で2軍の出場機会を奪う事になりかねないので今年で最後になる可能性は高そうです。, 2014年、中日を戦力外になると巨人が再契約した選手で、内野ならどこでも守れるユーティリティプレイヤー。, しかし、昨年から増田大輝選手が加入した事でそのポジションを奪われた上、増田選手の方が盗塁が期待できるので吉川選手の立場は苦しいものとなりそう。, 課題の打撃は一向に上向かず、走力と守備固めだけでは厳しいのが現状ですから今年で切られる可能性は高そうです。, 2018年、日本球界に復帰。 2019年から2020年にかけてのストーブリーグ情報のページです。fa選手動向、ドラフト等補強、外国人選手動向などを中心に随時更新していきます。 契約更改では野球協約の減額制限を超える減俸をしています。, 1年かけても状態が上がらないところを見ると相当厳しい状況で潔く引退する可能性はありそうです。, しかし、経験豊富なベテランで投手コーチ込みでの獲得とも言われていますから引退後はすぐにコーチとして現場に復帰する可能性もありそうですね。, 有望な選手が多いだけに中堅どころの選手は戦力外の筆頭となりそうですが、果たしてどうなるのか。, 外国人選手も8人雇用しているので、即戦力として機能しなければ大量に解雇の可能性も。, 巨人は3軍制度を取り入れているだけあって、支配下の枠はある程度ゆとりを持たせたいでしょうし名の知れた選手が多く去るやもしれませんね。, メジャーから帰ってきて再び日本で投球を見られると楽しみにしていたファンも多いはずですから何とか復活してもらいたいのですが果たして。, 阪神タイガースの選手を中心にプロ野球情報をお伝えしていきます!TVでは取り上げない小さな情報や皆様のニーズに応えた記事を書くように努めて参ります!. 埼玉西武ライオンズ戦力外他、退団選手【2019-20動向&去就先詳細】 2019年シーズンから2020年にかけて埼玉西武ライオンズを退団した選手についてのまとめ情報ページです。 今回は巨人、石川慎吾選手についてのお話です! 日本ハムからトレードで移籍しましたが、ここまでスタメンを確立させる事ができずもどかしい日々が続いています。 体型とは裏腹にパンチ力がある事から「ダイナマイト慎吾」という愛称も付けられ... こんにちわ貴浩です!今回は増田大輝選手についてのお話です。得意の守備走塁で1軍定着を目指しています。増田選手の守備や走塁の技術や大学の中退の理由など考察したいと思います!増田選手のプロフィール生年月日 1993年7月29日出身 徳島県徳島市, 今回は巨人の2020年トレード予想をしたいと思います!2019年はリーグ優勝したものの投手陣はやりくりしながら何とか凌いだという感じでしたからオフの間にある程度戦力は補っておきたいところ。FAでは美馬投手の獲得に失敗し山口投手がポスティング, 2020年FA権取得する注目選手を紹介!お買い得選手多数?今年は大物選手の移籍が相次ぐ!?, 今回は2020年、FA権取得する注目選手をご紹介したいと思います!今年はかなり大物選手がFA権取得見込みで、大きく話題を呼びそうです。とくにヤクルトの山田選手の動向が注目されていますが、一体どうなるのか。FA権取得する選手の行使か残留か、詳, こんにちわ貴浩です!今回はDeNAベイスターズのネフタリ・ソト選手についてのお話です!ソト選手はテスト入団した異色の経歴で1年目、2年目と2年連続ホームラン王に輝くスラッガー。その活躍からメジャースカウトから目を付けられる他、2018年に2, こんにちわ貴浩です!今回はヤクルト、山田哲人選手についてのお話です!山田選手の去就について気になる方は多いと思いますが今回は国内FA権で巨人に移籍確実と思われる可能性を5つの理由から見ていきたいと思います!山田選手のメジャーの可能性について, 【広島】大瀬良大地 2021年にFA!残留濃厚?巨人かソフトバンクに移籍の可能性は?, 広島の大瀬良大地投手が2018年以降、2段フォームに変えてから安定した投球を見せ、エース街道をひた走っていますね。念願のタイトルも獲得し、年々成長を感じる大瀬良投手ですが少し前まで広島は黄金時代がFAにより崩壊すると言われてきました。丸、曾, 鈴木誠也(広島)FA取得で巨人かメジャーどちらかに移籍は確実??その真相についてや結婚についても!, こんにちわ貴浩です!今回は広島の4番、鈴木誠也選手についてのお話です!2020年には国内FA権を取得、さらに翌年には海外FA権を取得し、移籍するかしないかで話題となっています。鈴木選手は大谷翔平選手とよく交流しており、メジャーについて色々と, 地上波ではプロ野球の試合を中継がめっきり減っており、放送があっても21時までという事が多々あります。その為、ネット配信の需要が高まっていますね。今回は巨人戦を中心に観る事を踏まえてネット配信サービスについてご紹介中でもDAZNとHuluを是. 【動画】感動サプライズ… 今季で引退のdena後藤を、西武2軍ナインが胴上げ. 2020年、読売ジャイアンツ・巨人の戦力外候補や引退する選手についての予想・考察!育成から選手を上げた事で枠が一杯になっており、fa・助っ人・支配下昇格のために原監督は大量解雇を示唆すています。2軍には非常に期待の高い若手もおり実績のない2 npb. プロ野球12球団、補強・トレード・戦力外のまとめ記事です。2020年~2021年、球団の現有戦力の退団・戦力外の他、新加入を予想した記事をまとめて掲載しています。戦力外では11月に入り、第一次通告が始まっておりベテランの退団が目立つ一方、大 プロ野球に戦力外通告を受けた選手に密着するドキュメンタリー『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』が12月30日に放送されました。⇒【戦力外通告 2017】tbsテレビのトライアウト結果「高橋洸・片山博視・實松一成の嫁や子供も応援」⇒【 特記事項: スタッフは2019年(第16回)時点のデータ。 テンプレートを表示 『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』(プロやきゅうせんりょくがいつうこく クビをせんこくされたおとこたち)は、2004年以降、毎年tbs 系列で放送されているプロ野球 ドキュメンタリー番組である。 西武といえば打線は相変わらず強いチームですが、2019シーズンも投手陣の弱い印象があります。, エースの菊池投手がメジャーに移籍したほか、浅村選手、炭谷選手などもFAし戦力を整えていかなければなりません。, 当然、他球団での活躍の可能性もありますが、早稲田大学の同期、日本ハム斎藤佑樹投手や、楽天の福井投手らとチームメイトになってくれたら面白くなりそうですね。, 2019年も一軍に上がりましたが、ルーキーの山野辺選手や佐藤龍世選手といった元気な若手選手が多く プロ野球ファンの方であれば「斎藤佑樹」地う名前を知らない人はいないと思います。高校野球、大学野球では、かなり活躍していた選手ですし、注目度もかなり高い選手でした。 しかし、現在では日ハムという球団に守ってもらって … こんにちは。偽イクメンブロガーのnikupapa(@FightersNon)です。野球好きのイクメンパパ~nikupapa~に訪問頂き有難う御座います。 11月11日移籍情報更新 2017年もセ・パともにリーグ優勝チームが決まりましたが、クライマックスシリーズの枠を掛けて熱い戦いが繰り広げられていますね。 堂林翔太広島のプリンスは戦力外でトレードの噂も? 2012年シーズン、野村謙二郎前監督は勝負に出ました。 堂林翔太選手を144試合、全試合すべてで起用したのです。 242・14本・45打点という成績で、三振はリーグ最多の150個を記録しました。 1990年7月21日生まれの29歳。12年目の投手。2017年には53試合に登板、13ホールド、防御率2.70という素晴らしい成績を残しましたが、2018年、2019年は不調で成績は低迷。2019年は8試合の登板5.2回投げて防御率9.53でした。 通算成績は212登板15勝15敗、41ホールド、防御率4.43。2020年も活躍が … 埼玉西武ライオンズ 2018.09.17 「日本で大谷以外に期待できる選手」…米メディアが挙げた5人の名前とは? jera セ・リーグ … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Copyright (C) 2021 ベースボールプレイヤーズドットコム All Rights Reserved. しかし、2017年、マリナーズ時代から壊した右肩を2年間完治できず。日本に戻ってからも右肩のリハビリが長引き結局2019年は一度も1軍登板できていません。 【npb】退団選手一覧(移籍・戦力外・引退) 2019-2020年. プロ野球戦力外候補・引退予想2019-2020! 今回は「西武編」の予想となります。 西武といえば打線は相変わらず強いチームですが、2019シーズンも投手陣の弱い印象があります。 その辺りの補強も考えてるでしょうから、戦・・・ このページでは、プロ野球の人事異動情報のうち退団選手(移籍・戦力外・引退)をお伝えしています。 ※報道があったものから信憑性がある程度あるもの(但し管理人判断)を選んで掲載しています。 埼玉西武ライオンズ. 2020年プロ野球、例年シーズンオフは大量の選手が戦力外通告を受け引退していますが、今年の読売ジャイアンツのオフは、13~14人前後の戦力外か育成を示唆した。また、昨年のジャイアンツは戦力外・引退・自由契約、を含めると、15人前後もの選手が