皆さんは日常生活または仕事の中で、よくスマホやビデオカメラで動画を撮っていますか?さらに、面白い・魅力的な動画を作りたいですか?, 近年、スマホの普及やネットの進歩で動画市場が大きな盛り上がりを見せています。特にYouTube やSNS(Facebook、TwitterやInstagramなど)に動画を投稿したい方も年々増えています。, それと同時に、動画編集に対する需要が高まっています。動画編集ソフトが数多く存在していますが、「動画編集を始めたいけど、動画編集ソフトは何がおすすめ?」という疑問を持っている方も多いですよね。, そこで、今回はまずiMacやMacBookで使える実用的な動画編集ソフトを6本厳選して紹介いたします。, 1. iMovie 4K素材を扱ったりCGを作成するなら64GBまでしたいですが、一般的な動画編集ならそこまでは必要ないですかね。, HDD・SSDといった記録媒体のことです。 僕はMacBook ProでGoProで撮影したデータの転送をしたり動画編集を行っていますが、最初は使い方が分からずに色々と苦労しました。 そんな中で色々と試行錯誤してきましたが、 使い続けているとGoProとMacの組み合わせが最高に思えてきます 。 私自身、今まで「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」を使ってブログを書いたり、動画編集の作業をしてきました。. 日本語対応 MacBookには採用されていませんがパソコン選びの際にRyzenのCPUも選択肢に入れておくと良いです。コスパがとても良いので。, ※あくまでわかりやすい説明なのでベンチマークの説明は省いておりますが、CPUのスペックについて気になるかたはベンチマークでの比較を見てください。, メモリは一時的に記憶しておく部品です。 その中でも ダウンロード:Mac App Store ダウンロード:公式サイトで見る> そもそも、MacBook AirでFinal Cut Proを使って動画を編集するという人は少ないかもしれないが、Apple M1を搭載したMacBook Airは、グラフィック性能が非常に高く、4K動画もサクサクと編集できてしまうから驚きだ。 出来ればMacBookがいい(かっこいいし)という方は, そうでない方はコスパを考えて ・72時間以内の修理完了をうたっている どちらも記録媒体ですが、読み書きの速度に違いがあります。 そのため MacBook Proで動画編集するなら最低でも15インチ、さらに専用GPUが搭載されたモデルを選ぶことが大切 です。 僕は動画編集用のiMacを購入しましたが、とても快適に動画編集ができています。 日本語対応 MacBook Proの16インチって動画編集環境的にはどうなの? この記事では、MacBook Pro 16インチで実際に動画編集を行っている僕が客観的に評価します。 の記事を読めば、等PCが動画編集に向いているのかどうか客観的に判断することができます。 2015年2月に購入したMacBook Pro(Mid 2014)を2021年1月時点でも使用している。 スペック的には6年も前のモデルなので最新モデルとは比較にならないが、今でもiPadOSでは難しいこと(ブログデザインの構築・編集、ドキュメント作成など)を行うために活用している。 動画編集をするにはMacbookAir2018の性能は少し不安が残るし、ストレージ不足も心配。。 しかも性能のわりにそこまで安くない(あと1万ぐらいでMacbookPro2017買える)。。 → 動画編集するならMacbook Proがオススメ! さらに、Macbook Proの中では、 次に紹介するのは、こちらも動画編集に必要な基本的な機能が詰まっているLightworks(ライトワークス)です。Lightworksは、アメリカの会社が開発した動画編集ソフト(MacBook利用可能)です。, 元はプロ向けの有料ソフトでしたが、現在は会員登録をすませば無料で使えるようになっています。しかし、無料といっても、すべての機能が使えるわけではなく、無料版では機能が制限されています。, キーワード:無料、プロ級 動画編集ソフトが数多く存在していますが、「動画編集を始めたいけど、動画編集ソフトは何がおすすめ?」という疑問を持っている方も多いですよね。 そこで、今回はまずiMacやMacBookで使える実用的な動画編集ソフトを6本厳選して紹介いたします。 ・24時間365日の電話サポート ・最新GPUも格安構成も自由に選べる!パソコン買うならBTOの【FRONTIER】, 安いパソコンが良いなら10万円以内で買えるノートパソコン特集 も参考にしてみると良いですよ。, 映像制作・動画編集で食っていってます Macの無料動画編集ソフトでオススメのソフトって何ですか。今回の記事では、Macでクオリティができるだけ高く無料な動画編集ソフトをおすすめしたいです。初心者でも簡単に扱えるものから、複雑な編集が出来るものまで10選を厳選して紹介します。 オプションで上げていかないと厳しいんですよね。, MacBook Pro13インチでも標準だとCPUはCore i5になっています。, もちろんメモリもストレージも標準だと動画編集をするには厳しいスペックになっています…。, 標準でも問題なさそうなのはMacBook Pro16インチだけ。 最低でも512GBあればいいでしょう。, ソフトを同時に複数起動しなければ16GBでも動画編集できます。 メリット:, 2. どのMacBookなら動画編集が出来るのかを紹介していきます。, これから動画編集を始めたくて、どんなパソコンにしようか迷っている方は参考にしていってください。, CPUはコンピューターの処理・演算を行うところです。 Core i 7でもクアッドコアのものや6コアのものがありますが、Core i 7であれば動画編集に問題はありません。, AMDのRyzenというCPUも中々優れもの。 動画編集をするのにどんなパソコンがあればいいのでしょうか? しかしモデルによっては動画編集に耐えられないスペックということを知っていましたか?, 今回は動画編集が出来るパソコンのスペックと この記事では、動画編集を快適にできるために必要なMacのスペック、作業効率が向上する便利な周辺機器を紹介してきました。 家で動画編集をするならiMac 27インチ 5Kディスプレイ、持ち運ぶならMacBook Pro 16インチがおすすめです。 日本語対応(インストール後、英語から日本語に変えるためのプラグインの導入が必要) Adobe Premiere Pro 不要なデータを適時削除していけばいいのですが、余裕はある程度必要ですね。 ポストプロダクション→CGプロダクション→インハウス動画デザイナー/業界歴8年目 つまり、MacBook AirでもMacBook Proでも動画編集は可能です。 ただ、あえて選ぶのであれば、バッテリー駆動時間、重量、スペックを踏まえて13インチMacBook Proをおすすめします。 動画編集にWindowsのパソコンを選ぶメリット (引用:Microsoft) Copyright © 2021 OnTechZone All Rights Reserved. YouYubeで動画編集に最適なMacBook Proの選び方を解説していきます。実は動画編集をするにおいて見るべきポイントはわずか「2点」だけなので選ぶコツさえ知っておけば選ぶのに苦労することはなくなります。・動画編集で重視すべきはメモリとCPUだけ・13インチと16インチの違い 以上です! メリット:, 3. すでに有料の動画編集ソフトを持っている場合は手持ちのソフトを使用すればいいですが、これから揃える場合はAdobeCCがおすすめ。 無料編集ソフトを使うべきでないただ1つの理由 動画編集の初心者の方(初めて動画を作ってみたいMacBookユーザーにとてもオススメ!基本的な動画編集機能は十分です。そして、直感的な操作で誰でも簡単に使うので、すぐに操作に慣れます。), 出力できる動画の解像度は1280 x 720(=720p)まで、1080p以上の動画出力は有料, Adobe Premiere Proと比べ操作の難易度が低く、初心者でも直感で扱う, 他のAdobeソフト(After EffectsやPhotoshopなど)との連携が優秀すぎる. M1搭載MacBook Proは動画編集作業でも安心のバッテリー持ち【動画】 AppleのMacBook Pro(M1チップ搭載)がイチオシ!あわせて読みたい[(https://… このままもっと読む (4K動画編集はかなり厳しい) メリット:, 4. まず動画編集ソフトといえば、「Adobe Premiere Pro(アドビ プレミア プロ)」を思い浮かべる方も多いと思います。「Adobe Premiere Pro」は、アメリカのAdobe社が開発した世界一使用されている超高機能編集ソフトです。初心者からプロまでずっと使えます!, Adobeの調査によると、動画映像制作者の約9割がPremiere Proを使用していると発表されています。もちろん、YoutuberでもAdobeのPremiere Proが最も人気が集まっています。, そのほか、DaVinci Resolveと比べて、Premiere Proはテロップ編集がより直感的かつ本格的にできます。, キーワード:プロ級、クオリティ、高い費用 セール品はとにかくコスパが良いです。, BTOパソコンメーカーのオススメ ソフトを起動して保存するまでの間の作業状況を保存しています。 動画編集を始めたい人が増えてきている中で 日本語対応 Macで動画編集をはじめよう. iMovieは、アップル社が提供しているMac専用動画編集ソフトウエアです。また、iPhoneやiPad用アプリも配信されていますので、iPhoneやiPadで動画を作ることもできます。, トリミング、テキストテロップ(タイトル)挿入、回転、分割やトランジション効果などをはじめ、動画編集の基本的なことは網羅しています。, キーワード:無料、使いやすい、入門編、Apple CPUの核の部分であり、制御部と演算部が1セットになっているものをコアと言うのですが、コアが2つあるものをデュアルコア、4つあるものをクアッドコア、または複数あるものをマルチコアといいます。, 端的に言えばこのCPUは「Core i7」以上のものにしておけば間違いないです。 容量に余裕がないとパソコンの動作が遅くなったりするので出来る限り大きい方が良いです。 【FRONTIER】も良いでしょう。 「DaVinci Resolve」 Final Cut ProもiMovieと同じように、Apple社が提供する動画編集ソフトで、「iMovie」の上位機種です。したがって、「Finnal Cut Pro」は「iMovie」との互換性があります。, YouTubeで利用している方は非常に多いです。そうだけでなく、大手企業のCM制作にも使用されることがあります。やはり本格的な動画を制作したり、編集をしたりする場合は、プロ用有料ソフトのほうが必要ですね。, キーワード:プロ級、Apple、YouTube Final Cut Pro(ファイナルカット・プロ)は、アップルの開発・販売するソフトウェアのひとつで、パソコン向けのノンリニアビデオ編集を目的とした Mac OS X向けの編集ソフト であります。. 2020年の7月から Youtube を本格的に始めるにあたって、動画編集用の機材をiPad ProからMacBook Proに変更しました。 ・クリエイター向けブランド 「DAIV」 TOP ノートPCで動画編集するならMacBook Proよりもコストパフォーマンスの良い点がオススメです。 ただ4K素材の編集には厳しいというスペック。 YouTube編集程度なら文句なしのノートPCです。 余裕があればメモリも増やしておくことをオススメします。, MacBookでも動画編集は問題なく出来そうですが、コストパフォーマンスはあまり良くないと言えます。, この値段であればデスクトップ型で更に動画編集に適しているスペックのパソコンが購入できてしまいます。(モニターとか別途かかってしまうところもありますけどね), マウスコンピューターのクリエイター向けブランド 「DAIV」なら動画編集向けにセットアップされているモデルがありますので、MacBookにこだわりがなければ動画編集をするなら私はこちらの方をオススメしています。, ノートPCで動画編集するならMacBook Proよりもコストパフォーマンスの良い点がオススメです。ただ4K素材の編集には厳しいというスペック。, まぁ私のように多少割高でもMacが好きという方もいらっしゃると思うので、その辺は好みだと思います。, 動画編集を始めるのにパソコンを購入しようと考えている人の中で Lightworks 無料版 ただメモリは16GBなので、ソフトの同時起動していると動作は重たく感じるといったところ。, これにしておけば間違いはないでしょう。 ただコア数とスレッド数の違いで性能差があります。 MacBook Pro 13インチで動画編集(フルHD、4K)するための必要スペックは?ということで、実際にPremire Proを使ってカクつきがあるのか、書き出し時間はどのくらいなのか。必要最低限のスペック等、個人的意見を書いていきます。 「どんなパソコンなら動画編集が出来るの?」 ダウンロード:公式サイトで見る> /独学でも出来る動画編集の副業の仕方を中心に発信してます/フリー素材も提供中/子育てしたい映像屋/友人と共同でYouTubeチャンネルも運営中. まずは結論から述べておくと、本気で動画編集をやっていく!というつもりの方は 「Adobe Premiere Pro」 からいきなり始めましょう! この動画編集ソフトを使いこなし、同じAdobeの「After Effects」と合わせればほとんどの映像表現を実施することができるようになります。 ただPremiere ProとAfter Effectsを同時に使うような人だと厳しいです。, 初心者で動画編集で仕事をしていくって人でなければどのMacBookでも動画編集は出来るでしょう。, ただ気をつけてほしいのはあくまで「最大」でこのスペックになるということ。 Mac用人気な動画編集ソフト3 :Final Cut Pro X. テレビを録画するにもHDDを使用していますよね。 マウスコンピューターのクリエイター向けブランド 「DAIV」はオススメ!, コストパフォーマンスで言えば 「私が今使っているパソコンでも大丈夫?」 ... ただPremiere ProとAfter Effectsを同時に使うような人だと厳しいです。. Final Cut Pro(無料お試し版あり) ダウンロード:公式サイトで見る> MacBook Proの動画編集ソフトの選び方. ソフトを起動する際に一定数のメモリを必要とします。, このメモリが足らないと動画編集中に編集ソフトがフリーズしたりレンダリングエラーが起きる原因になったりします。, 動画編集をするなら32GBあれば安心です。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". そのため同じメモリー容量のMacBook Pro13インチと16インチでも、動画編集の作業効率が16インチが勝ります。 このGPUの存在は、動画編集にはかなり影響を与える要素なので、 重い動画を編集する人は16インチを選ぶ 傾向が高めですね。 ダウンロード:標準搭載ですが、入っていない場合はMac App Storeからダウンロードしてください。 Filmora メリット:, 5. 動画編集用のPCを購入するなら、AppleノートPCであればMacBook Proを推奨しています。MacBookやAirでも編集はできますが、MacBook Proは熱耐性が高かったり、高負荷にも耐えられる仕様になっています。 MacBook Proの中でも一番安いモデルです。 Final Cut Pro X (3万5000円) 無料動画編集ソフトのiMovieは4Kまでしか編集できません。 なので4K60fpsで動画を編集したいのであれば、Final Cut Pro Xを購入しましょう。 安く購入する方法 日本語対応 HDDの方が容量の単価は安いですが、SSDと比べると読み書きの速度は遅いです。, ストレージは外付けでも対応できるのですが、動画編集をしているとあっという間に1TBまで使用してしまいます。 AdobeのPremiere Pro利用時のPC推奨スペックを余裕で超えていることから、 MacBook Pro 16インチは動画編集におすすめのノートPCだと個人的には思います。 BTOパソコンメーカーの中から選ぶといいでしょう。 MacBook Airで動画編集をしたいと思っているが、オススメの編集ソフトと動画編集に必要なスペックを簡単に教えて欲しい! ・MacBook Airで動画編集したい、Airのスペックで動画編集できるの? ・動画編集に必要なスペックとAirのスペックを比較 ・MacBook Airオススメの軽い動画編集ソフ … 有名なBlackmagic Designが提供しているDaVinci Resolveとは、編集機能も持つプロ用カラーグレーディングツールです。DaVinci Resolveは、無料で使える動画編集ソフトの中では最も高機能です。ポストプロダクション用ソフト, 無料版の「DaVinci Resolve」と有料版の「DaVinci Resolve Studio」が存在しますが、ほとんどの機能を無料版で利用できます。「DaVinci Resolve Studio」は、マルチユーザーで使って共同作業が可能です。, キーワード:無料、プロ級、高機能 Filmora(フィモーラ) はWondershareが開発した動画編集ソフトで、WindowsとMacの両方でも使えます。, 近年YouTuberの間で利用が増え、一気に代表的なソフトの一つになりました。しかも、最も初心者向きの動画編集ソフトだと考えられます。, 高額な有料ソフトと比べると機能が少なめですが、基本的な動画編集機能はすべて備えています。また、有料ソフトですが、30日間の無料体験版も提供しています。. Macbook Proで動画編集を始めるときにCPUやメモリ、画面の大きさなど、どんなスペックにカスタマイズするべきなのか、押さえるべきポイントをまとめて解説しました。高額な買い物なので後から後悔しないように、最高の1台を選びましょう! 13インチMacBook Proの上位モデルです。動画編集など負荷のかかる作業にも対応可能なMacノートを探している方におすすめのモデル。第10世代のCore i5プロセッサと16GBの大容量メモリを搭載しています。ストレージには、512GBのSSDを実装しています。 MacBookシリーズ、実は動画編集初心者にとって始めやすいPCの条件が揃っています。その理由と動画編集を安心して行えるMacBookのスペックについて解説。動画編集に興味のある方、MacBook購入を検討されている方必見です。 メリット:, 6. 軽い動画編集をする場合に 必要なCPUは、最低Core i5以上です MacBookPro13インチはCore i5を搭載しているので、軽い動画編集なら問題なく編集することができます。 5~10万円のパソコンは大体低性能CPUなので、動画編集することは向いていません。 会社でも趣味でもMacBook Airを使って動画編集をしている私が、これまで使ってきた経験からAirで動画編集する上での注意点を紹介します。「これから動画編集をやってみたいんだけど、Proと YouTuberさんはよくMacBookを使用しているイメージがあるので動画編集はMacBookがあれば大丈夫だと思われがちですね。, 実際にMacBookでも動画編集は可能です。